「 パッソ 」一覧

パッソが登場したのは2004年、ダイハツとの共同開発によって作られた一台です。
企画・マーケティングはトヨタ、開発・生産はダイハツが担当しました。
ダイハツのブーンとはバッジエンジニアリングの双子車という関係にあるのですが、OEMではありません。
形式上、デュエットの後継となっています。
初代ヴィッツよりも短い全長でありながら、室内は広くなっています。
また、普通乗用車ではありますが軽自動車と同レベルの最小回転半径を実現している点も大きなトピックと言えるでしょう。
2010年にはフルモデルチェンジも行われたのですが、人気モデルだった事からキープコンセプトでした。
どの自動車も年々サイズが拡大傾向にあるのですが、サイズも初代モデルと同じ寸法に抑えられているほど。
普通乗車ではありますが、軽自動車並のコンパクトさのおかげで取り回しもよく、女性人気やセカンドカー需要のある一台としてとても高い人気を集めています。

NO IMAGE

パッソのカスタム

“パッソ”はジャンルとしては小型ハッチバックタイプの乗用車になるが、ダイハツ工業との共同開発によって誕生したという、割合に珍しい経緯を持って...