洗車が必要な理由

なぜ洗車が必要なのか疑問という人もいれば、面倒という人もいるはずです。「洗車すると天気が崩れる」といった都市伝説もありますが、これは洗車が面倒である事の比喩なのかもしれません。ですが洗車はとても大切です。
 

スポンサーリンク

洗車で車を綺麗に

簡単に言えば洗車は人間で言う「入浴」です。人間が入浴をしない事のデメリットは多々あります。汚れが目立つようになりますし、異臭を放つようにもなります。これは人間が汗をかくさい、脂が含まれておりこれが汚れや異臭の原因となるのですが、周囲への悪影響だけではなく、汚れが皮膚に付着して腐敗すると皮膚病おのリスクさえあるのです。

自動車も同じです。車の塗装部分は人間の皮膚のようなものです。人間の皮膚は皮下組織を守るというとても大切な役割がありますが、自動車の塗膜も同じなのです。また、人間の皮膚がとてもきれいであれば周囲に「綺麗だな」という印象を与える事が出来ますが、自動車も同じです。

塗膜が綺麗であれば周囲に「綺麗な車」との印象を与える事が出来るのです。

汚れの問題もあります

また、そのような印象云々抜きに、洗車しないと汚れが溜まり、塗膜そのものを痛めてしまいます。特に自動車は野ざらしになります。悪天候時に走行すれば自動車の至る所に雨水や汚れが付着する事になります。また、自分自身が気を付けて走行しているとしても周囲の自動車が巻き上げたものや、空力上側面に汚れが付くものです。

走行するという事は、「汚れを付けてしまう事」でもあるのですが、これがかなり細かい部分にまで入り込む事もあります。そして空気中の埃。目に見えないだけで、空気中には埃が含まれていますが、先にお話したように埃の中には石英と呼ばれる5Hの強度を持った水晶が含まれています。

埃と泥。これらが混ざって自動車を襲うのです。自動車の汚れが厄介なものである事がお解りいただけるのではないでしょうか。

泥ほど厄介なものはありません

特に厄介なのは泥です。
泥は泥でしかないと思っている人も多いかもしれませんが、文明の発達は、同時に泥も発達させていまいました。泥の中には近代文明の推移が入り混じっているのです。

この中には物を酸化させるものや、鉄粉等が含まれている。自動車の塗膜以上の硬度を持った物が自動車の至る所にこびりつく。これが良い状況ではないのは一目瞭然です。

また、これらの物質が大気のす分を含むと膜となってしまし、風では飛ばなくなると洗車しないとこびりついているような状況となってしまいます。さらに自動車の車体は金属ですから、気温が低くなると空中の水分を車体で結露させてしまいます。寒い季節、朝自動車に乗ろうとすると自動車が濡れているのはそのためですが、この水分が先に話た汚れと混ざるとさらに厄介な事になってしまいます。

汚れを湿らせる事で、塗膜に対して攻撃的な状況となります。しかもこれは一日だけの話ではありません。洗車しない限りは毎日のように続くのですから、自動車にどれだけ大きな負担を与えているのかが解るはずです。

自動車の状態も大切

そして傷んでしまった自動車は艶がなくなります。人間で言えばまさに皮膚病そのものです。
ではこのような状況になってしまったらプロに依頼するしかないのかというと、決してそうではありません。自分自身でも行う事が出来ます。ですが、いずれにせよ塗膜そのものは薄くしてしまいます。

こればかりは仕方ありません。特に近年の自動車は塗膜が薄くなっている事もあり、ちょっとした事で塗膜が傷つきやすいです。

ですが、汚れが溜まってから洗車するのではなく、こまめに洗車する事で塗膜へのダメージを最小限に防ぐ事が出来るのです。

スポンサーリンク

洗車の紹介

価格1080円

価格2592円



Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加