水垢の正体と汚れを落とす方法

水垢の正体

「水垢」は洗車の方法が掲載されている雑誌やサイト等を見ると必ずといってよいほど目にするものです。水垢が出来てしまうとボディーがフィルターがかかったかのように薄汚れ、それこそ元の色さえ解らないような状況となりますし、艶を損ねるのはもちろん、特に目立つのがドアミラーの下部です。

ドアミラーから流れた雨水がそのような跡を作ると、自動車の印象は良いとは言えません。これはドアミラー下部のみならず、ドアハンドルやリアウィンドーにも見られます。このような水垢の汚れは落とせるものもあれば、落とせないものもあります。

前途した黒い筋状のような汚れであれば洗車で落す事が出来ます。この黒い汚れの正体は雨中に含まれている空気中の埃系の物質、もっと言ってしまうと排気ガスの成分が多いのではないかと考えられています。これは、言い換えれば油分ではありませんから、近代洗車洗剤であれば簡単に落とす事が出来るのですが、塗装面の状況にもよります。

塗装面が平坦であれば比較的簡単に落とせるのですが、塗装面が荒れていると、目に見えないレベルの凹凸が出来ている事になります。すると、汚れがその凹凸に入り込む事になってしまいますので、洗ってもなかなか落ちない事になってしまうのです。

スポンサーリンク

落とせるものなのか

洗って落ちるかどうかの目安があります。それは、指を濡らして黒い筋を触ってみるのです。撫でてみて汚れが取れるようであれば洗車で落とせます。このような場合、洗車すればよいだけですし、部分的に落ちていない所があったとしても、水垢落とし等でより確実に落とす事が出来ます。

ですが問題は凸凹した、まるで白亜化してしまったかのような塗膜に入り込んでしまっている水垢です。この場合、どれだけ洗車をしてもこの部分の汚れまで届かせる事が難しいのです。言うなれば要塞に囲まれているようなものですので、洗車液の化学の力をもってしても難しいですし、ましてや水では落とせません。

この汚れを落とす方法は二種類あります。

研磨剤を使う場合と使わない場合

まずは研磨剤を含まないシャンプーです。近年登場しているこのタイプのアイテムであれば、凹凸にまで入り込んで汚れを落とす事が出来るかもしれません。ですが、使用時には気を付けなければならない事もありますし、白亜化してしまった塗膜そのものを変える訳ではありませんので、結局は再び水垢が再付着する可能性も高いです。

もう一つは研磨剤を使う方法です。いわば物理的に汚れを落とすこちらの方法は、凹凸をなくすのですから、「再発」のリスクを軽減する事も出来るのですが、先の項でもお話したように、現代の自動車は塗膜が薄いですから、あまりにも使い続けていると塗膜そのものをなくす、つまりは塗装がなくなってしまう可能性もあります。極端に行わなければそこまでの状況にはならないとは言われていますが、一応そのような点も頭に入れておくべきでしょう。

研磨剤の種類

研磨剤の使用に抵抗感があるという人も多いようですが、研磨剤にも様々な種類があります。大きく分類すると三種類になりますのでそれぞれを説明していきたいと思います。

三種類の研磨剤は、純粋な研磨剤、水垢落とし、研磨剤入りワックスです。それぞれ特徴が異なりますので、使うシチュエーションには気を使うべきですが、どのような特徴があるのか。

純粋な研磨剤

純粋な研磨剤は塗膜の表面が荒れているような時です。艶もなく、全体がくすんでいるような時には純粋は研磨剤を使う事で、いわば「一皮剥く」事が出来ます。

水垢落とし

水垢落としは洗っても落ちないような水垢があって、艶もそこまで日消えていない状態の時にこそ良いとされています。このタイプにも様々な研磨剤がありますが、界面活性剤の質の良いものを選ぶべきです。

評判が高いコロンブスの製品ですと、使いやすいだけではなく、効果が高く、時間がない時であってもワックスがけを省いたとしても艶を出す事が出来ます。もちろんワックスをかければさらにそこから艶を出す事が出来ます。

研磨剤入りワックス

そしてワックスタイプに関しては、こちらも様々なメーカーから登場しているのですが、基本的に淡色用と濃色用があります。これは配合されている研磨剤の粒子の大きさに違いが見られます。
使い方としてはどちらも同じですが、濃色用の方が研磨剤の粒子が濃いため、淡色の車に使うべきです。

研磨剤の粒子が荒いと汚れの落ちがとても素晴らしいですし、白亜化してしまった塗膜を平滑にする事も可能なおかげで短い時間で効果が絶大なのですが、荒い粒子の研磨剤で表面を擦る事にもなってしまいます。

このような状況は、汚れを落としていると同時に傷を作っている状況でもあります。自分としては汚れを落としているものの、細かい傷をつけ、艶を損ねてしまう事になりるのです。この点は気を付けるべきです。

水垢が取れると車がよみがえります。まるで新しい自動車を購入したかのような感動を覚えるのですが、その理由は光沢が出るからでもあります。
それが輝きを生み、存在感となるのです。

研磨剤の紹介

価格1370円

価格1695円


スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加