VWポロGTIのカスタム

一回り以上大きくなってしまったゴルフ、そしてそのGTIだが、何となくかつて一世を風靡したゴルフⅡGTIの純粋な後継車種と言う感じではない、こう思われるオールドファンも多くおられることだろうし、現代のゴルフGTIにはなにか聞いた事のあるGTIとはちがうよな、と言う感じをもたれる方もおられると思う。
じっさいのところは判らないのだが、私自身も純粋にゴルフGTIの後継車種は現代のゴルフGTIだと言われると、何か違和感を感じる部分がある事は事実だ。
もっとコンパクトで、純粋に研ぎ澄まされた走りを提供してくれるものだと、ゴルフGTIはそうあるべきだと感じている事は事実だった。
そう、もっとアナログ的にチューンされた市販車のありかた、それがゴルフGTIのあり方だとずっと思っていたのだった。
そういった観点から現代のゴルフGTIを見ると、確かにまったく違った車になっている。
この事がいいか悪いかはべつにして、何となく抵抗を感じている事は事実なのだ。

スポンサーリンク

そんな時に現れたのがポロGTIだった。
初めはそんなに注視してはいなかったのだが、少ない台数ながら街中や高速道路で見かけるようになり、何となくそのサイズにふさわしい(ゴルフGTIに似合わないと言うことではないのだが)、フロントにある赤いストライプには一種の郷愁を感じさせられるものがあった。
ある時に首都高でポロGITの後ろに付くチャンスがあったので、暫くの間この車の後ろについて走ることに決めた事があった。
比較的空いている夜間の時間帯でもあり、GTIは快調なペースで飛ばしていく。後ろから見る限りは、かなり質の高い走りをしているように見受けられた。ブレーキングから、コーナリングへのインフォメーションのスムーズさは、かなりいい感じだったし、このハイペース(お巡りさん、御免なさい)でのゆとりを感じる走りをしている事は充分に判ったものだ。
そのご、偶然にポロGTIに試乗をさせていただく機会があり、箱根を攻めさせていたのだが、あの時に後ろから見た印象はそのまま、ダイレクトに私伝わって来たものだった。
走りをコントロールしているのは、最新のメカニズムではあるのだが、何となく腰高感のあるコーナリング姿勢や、デジタルを感じさせない感覚はゴルフⅡGTIを想いださせてくれるものだった。
なんだか、このポロGTIが正統派のゴルフⅡGTIの継承車種に感じられたものった。
理由としては、と言うところまでの分析はできないのだが、ひとつはサイズからくるマスの小ささもあるのかもしれないと、そう思った事も事実だった。

しかし、このポロGTIのオーナーは、そんなことにはお構いなく、せっせとカスタマイズを開始してしまった。
彼に言わせると、いくら剛性の高いボディーと、まとまりの良いサスでも、致命的とは言えないもでも市販車である限り、しかたがない部分があると言う。
また、サスも峠レベルで馬脚を現すことは少ないが、もうちょっと締めあげた方がよいと言う見解を持っているために、先ずはこの部分から手を付けると言うことだったようだ。
方法としては、“リジットカラー”と呼ばれる(通称リジカラ)を、サブフレームとボディーを結合しているボルト周りにある隙間を塞ぐために、装着して強固な結合状態に持っていく事にして、補強の意味をもたせることにしたと言うことだ。
この時に、サスの周辺をばらすので、ついでにダンパーを“ビルシュタイン”の強化セットに前後とも交換して、更にスタビライザーを強化品に交換、タワーバーの装着と言うことをやったそうだ。結果、ストックのままでも優秀だった直進性は飛躍的に高まり、ブレーキング時の安定性も見違えるほど向上したと言うことだった。
一連のパーツを装着したあと、1000Km程度走ってから、アライメント調整をしたら、更にその効果の高さは身にしみて判ったそうだ。

そして、峠を攻める事の多い彼は、連続してハードブレーキングをすると、少々フェード気味になるブレーキに対しても手を入れた。
初めはパッドのみと考えたらしいのだが、ついでだと思い、キャリパーとブレーキホース、マスターシリンダーを交換することによって、フィールの改善とフェード対策を一気に成し遂げてしまったのだ。
更にこの時点で“ボディーダンパー”を装着した効果は、かなり大きいようだった。
そして、吸気システムのなかで“エアクリーナー”を低抵抗なものに変えて、マフラーを背圧の低いものに変えたと言う。
ただし、外見的な部分には全く手を付けてはいない。
タイヤ・ホイールに至るまで、全く何もいじってはいないのだ。

その効果を確認してほしい、と言う彼の言葉に甘えて、再び箱根を攻めに行った。
たったこれだけだが、実に肝を抑えたカスマイズの結果は“相当に上がった実力”を感じさせてくれたものだった。
全体的に、車が操作にたいして実に忠実に反応してくれるようになった。これが、どの部分のカスタマイズの結果なのか解らいことが悔しいぐらいに、全体的にまとまっているのだ。
これ以上、街乗り~峠、ある時にはサーキットレベルではやる必要性を感じないぐらいに、よくまとまっていた。
そして、忘れられないゴルフⅡGTIの感触は、しっかりと残っていた事も嬉しかった。
思わず“この車、俺に売ってくれないかな”と、言ってはいけない台詞を言いそうになってしまった事も事実だった。
カスタマイズポロGTI、素晴らしい車だった事が忘れられない。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加