ローダウンサスペンションの功罪

ローダウンは格好良い

自動車雑誌に掲載されている自動車を見ると格好良いと感じる人も多いのではないか。これはカメラマンの力量もあるのだが、よくよく見ると車体の下部と路面の間が近い事に気づく人もいるかもしれない。

これこそローダウンサスペンションの最大の効果と言っても良いだろう。ローダウンサスペンションは自動車を格好よく見せる事が出来る。

スポンサーリンク

インチアップホイールとタイヤは車の見た目を変える

一般論だが、ローダウンさせ、さらにはインチアップしたホイールにタイヤをセットすると、文字通り「別物」のように見える。それほどビジュアル面の違いは大きい。

それは自動車を保有している人にとっては大きな満足感であり、費用対効果から入れ歯とても素晴らしいものがあるだろう。雑誌に掲載されているような自動車を保有する喜び。それはとても大きいものになる。

車の構造を無視したローダウンは疑問

一方で、車の構造を無視してまで車高を下げている車もある。この部分がローダウンサスペンションのいわば「罪」の部分とも言えるだろう。

サスペンションの構造上というよりも設計上の問題だろう。それこそまっすぐ坂道を登れないような状態にまで車高を下げる。これは如何な物かと思わざるを得ない。

何故ローダウンは操縦性を悪くするのか

サーキットを走っている自動車は軒並み車高を落としている。にも拘わらず、ローダウンした事で操縦性が悪くなるケースがあるのは、バランスが取れていないからだ。

力学的な役割を果たす位置がずれてしまう

ローダウンは格好良くなる。それは事実だが、自動車は走らせるものである以上、力学的な事も考慮しなければならない。

サスペンションはサスペンションアーム、アクスル、バネ、ダンパー、スタビライザー、ジョイントで形成されている。正直あまり多くはないパーツで構成されているのだが、パーツ同士での力量の問題もある。

車高を落とすという事は、パーツの位置が変わる以上、力学も変わるのだ。それを考慮した上で車高を下げる事に関しては何も問題はないのだが、力学を無視して車高を下げると無理が来るのも当たり前だ。

車には「ロールセンター」と呼ばれる、言うなれば重心の中心があるのだが、車高を変えるという事はロールセンターの位置とて変わるのだ。しかもロールセンターは目に見えるようなものではない。

自動車開発メーカーはそれらの事をしっかりと計算した上で開発しているのだが、闇雲に車高を下げているユーザーはそのような事を考えていないのだから、乗り心地や操縦性が悪くなってしまうのも当然だろう。

レースカーは取り付け位置を調整できる

レーシングマシーンに関して言えばサスペンションアームの位置をサスペンションの仕様に合わせて変更したりする事が出来る。それらの対策を取っているからこそ、最適な足回りを作る事が出来ると言っても過言ではない。

つまり、レーシングマシーンはただ単に車高を下げているのではなく、いろいろと計算した上でローダウンしているのであって、外見重視な訳ではないのだ。

そのため、同じ「ローダウン」であっても、言葉の意味する所が大きく異なってくるのだ。

ローダウンキットが全て悪いわけではない

このように話をすると、まるでローダウンキットが「悪」のように思えてくるかもしれないが、そのような事を言いたいのではない。専用キットであればしっかりと対策を施し、走行性能をしっかりと発揮してくれるだろう。

落ちた剛性を補うためにバネレートを上げたりといったように、ノウハウをつぎ込んでいる。
だが街乗りとレーシング仕様は訳が違う。そのため、ローダウンさせたいのであれば実際にレース活動しているようなショップの製品を活用すべきだろう。

レースという命がけの環境での努力というのはやはり違うものだ。

空力への影響

車高は空力にも影響がある。リアディフューザーを付けて底面の気流をうまく処理しているのが最近の自動車だが、車高を下げる事でフロント部分で作った空気の渦が上手くリアに行かず、フロントでリフトしてしまうような現象を解消するためのものだ。

しかし市販車でこのタイプのディフューザーを取り付けるのは難しい反面、そのような速度域というのは免許証が一発で取り消しされるレベルでもあるため、そうそう日常的な事でもない。

このような点をしっかりと弁えた上でローダウンサスペンションの装着を考えていただきたく思う。

ローダウンの紹介

価格6280円

価格3780円


スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加