タントカスタムのエアロ

 ダイハツ・タントカスタムは、タントのスポーティーグレードである。エアロパーツは標準装備だが、更に個性を出すための社外品エアロパーツも、最近になって発売されはじえめている。カスタマイズを行うのであれば、要注目の車種である。

 自動車をカスタマイズし、個性を発揮しようと試みるオーナーは多く、近年はわずかながら増加する傾向にある。その中には自分の車のドレスアップを始めようとする、いわゆる入門者も含まれるが、どこから手を付けたらよいかわからないという声も聞かれる。助同社のカスタマイズは、外装だけでなく内装にも及ぶことが多いが、外装から入るなら、エアロパーツの取り付けから始めることで、車の印象を大きく変えることができる。ダイハツ・タントカスタムは広い室内空間と使いやすいスライドドアが注目されているが、これをカスタマイズしているオーナーもいる。そこで、現在のタントカスタムのエアロパーツ事情に付いて説明していきたい。

スポンサーリンク

 ダイハツには、タントという車種があり、そのスポーティーグレードとして独立したものが、タントカスタムと考えればよい。タント同様に後席スライドドアを備えているのが、ダイハツの他の軽自動車との差になっている。全長は3395mm、全幅は1475mm、軽自動車規格を最大限に活用した寸法であるが、どのメーカーの軽自動車も同じ数値となっている。全高は1750mm、ホイールベースの2490mmは、タントと同じである。FFと4WDを選ぶことが出来、形式はFFが「L375S」、4WDは「L385S」と、これもタントと同じになっている。形式は、エアロパーツの他にも、純正以外のメーカーから発売されているパーツの適合、純正品の発注などで必要となる情報なので、把握しておきたいところである。元となったタントとの違いは、主にフロントのデザイン、内装も差別化されており、大きいところでは、タントカスタムに限り、ターボエンジン搭載車を選べるところである。現行車の登場は、タント同様に2007年であり、毎年のように改良や、特別仕様車の発売が行われている。大きなマイナーチェンジは2010年に行われたもので、タントカスタムに関しては、フロント周り、リア周りのデザインが変更されているので、これを境に「前期型」「後期型」と区別されるだろう。

 タントカスタムでは、エアロパーツが標準装備されている。いわゆるエアロパーツ3点セットとされている、フロント、サイド、リアに加え、リアルーフスポイラーまでが付けられた状態で、新車でエアロパーツ付きの車両を購入できることになる。フロントとリアには、専用のエアロバンパーが、サイドには、サイドストーンガードが付けられている。これによって、タントと同じ全高でありながらも、低く、広いイメージを出しているのである。ディーラーオプションには、タントと共通の大型リアルーフスポイラーが用意されているが、純正リアスポイラーを交換するタイプ。ただし、純正オプションだけあって、用意されているボディーカラーには、すべて対応している。ただし、空力効果のアップを期待してはいけない。エアロパーツの効果を発揮するのは、高速道路で制限速度以上で走行したときに限られるからだ。通常の使用では、あくまでも、外観のイメージを変えるためのアイテムとして考えるのがよい。

 更に外観のイメージを大きく変えるのであれば、メーカー純正以外の社外品エアロパーツを選択する方法もある。選べるほど市販されているかについては、最近になって発売するメーカーが増えているので、現行型でも好みによって選ぶことができるくらいの種類は発売されている。フロントとリアには、純正バンパー下部に取り付けるタイプのアンダースポイラーもしくはバンパーごと交換するタイプのエアロバンパー、サイドにはドア下に付けるサイドアンダースポイラーがセットで発売されているが、別々に購入することも可能である。元々エアロパーツが標準装備されている車種なので、純正品は取り外してしまうことになる。タントとホイールベースが同じなので、サイドアンダースポイラーは流用できるが、用意されているボディーカラーが違うので、塗装の手間は織り込んでおきたい。また、リアのエアロパーツに関しては、同時に取り付けできない社外品マフラーもあるので、現物を見て検討したいただきたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加