ムーヴカスタムのエアロ

 ダイハツ・ムーヴカスタムは、エアロパーツが充実している車種のひとつである。新車の状態でも標準装備されているが、更に個性を発揮させるのであれば、社外品エアロパーツを検討してみたい。特に年式が古い車では、効果的なドレスアップになるのである。

 自動車で個性を発揮しようと考える人は多い。実際、自動車のカスタマイズ市場は、車自体の販売の伸びがもうひとつであるにもかかわらず、拡大する傾向にある。しかしながら、軽自動車に関しては売上が堅調で、車にお金をかけて個性的にするオーナーは増加しているのだ。それら軽自動車の中でも、ベース車として用いられることが多いのがダイハツ・ムーヴカスタム。カスタムの方向性は様々だが、外観のイメージを大きく変えることができるのはエアロパーツ。ムーヴカスタムのエアロパーツ事情は、現在どのようになっているのだろうか?

スポンサーリンク

 ダイハツ・ムーヴには、様々な派生車種があり、ムーヴカスタムはその装備充実かつスポーツイメージを強く押し出したもの。ムーヴ登場の1995年には、早くもカスタムというバリエーションが登場している。また、外観を丸くしたムーヴラテという車種を販売していた時期もある。つまり、初代ムーヴ登場以降、ムーヴカスタムも現在まで、脈々と生産されており、支持を集めているのである。現行型は2010年にフルモデルチェンジされた5代目。全長3395mm、全幅1475mmは、どこのメーカーの軽自動車も同じ数値である。全高は1620mmと1635mmのグレードがあり、これは、「RS」という、ローダウンサスペンションを標準装備したグレードがあるため。わずか15mmだが、見た目は大きく違い、「低く広く」見せることを目的とするエアロパーツを取り付けた場合には、実寸以上に低く見えるに違いない。ホイールベースは2455mmだが、このあたりは車種ごとに5mm単位で異なる。形式は2WDが「LA100S」、4WDが「LA110S」。標準ムーヴと形式は同じだが、エアロパーツをはじめ、各種社外品パーツの適合と、純正部品の発注に必要の情報なので、施肥とも把握しておきたい。形式は同じだが、標準車ムーヴに関しては、エアロパーツの適合が異なるので、別の項目に記述する。そのエアロパーツであるが、ムーヴカスタムでは基本的に標準装備。フロントは一体型のエアロバンパーが、ドア下にはサイドアンダースポイラー、そして、リアルーフスポイラーまでが、全車に付けられている。エアロパーツ付きの新車を購入するのであれば、このままでもよく、更にRSを選べば、路面とボディーの隙間が小さい、一般的にいうところの格好良い状態になるので、そのまま乗っても様になる。

 ムーヴカスタムの社外品アクセサリは多い。エアロパーツに限らず、かなりの部分で適合するパーツが販売されている。現行のは、生産されてから日が浅いために、まだ少なめであるが、モデルチェンジ前のL175、L185系以前のものであれば、それこそ数多くのパーツから好みのものを選択できる状態になっている。エアロパーツでは、いわゆる3点セット、フロント、サイド、リアは当然のように揃っており、ルーフスポイラー、ボンネットスポーラーなどだけでなく、オーバーフェンダーまで市販されている。もっとも、オーバーフェンダーを取り付けることによって、軽自動車枠を超えることになるが、その辺の車検対応については、取り付けるショップとよく相談したい。その3点セットでも、フロントでは、純正バンパーの下部に取り付けるリップスポイラーと、バンパーごと交換するタイプの2種類があり、パーツの大きさが違う分、前者の方が低価格で、後者の方が大きくイメージチェンジできる。サイドステップも販売されているが、こちらは、純正のサイドアンダースポイラーを交換することになる。現行型であれば、純正品を活かしたカスタマイズも考えられ、フロントとリアだけでイメージを変えることも可能である。リアも、アンダースポイラータイプと、バンパー交換型があるが、マフラーの干渉、特に社外品マフラーと共存しない製品もあるので、その辺も合わせて検討しよう。

 なお、後からエアロパーツを取り付ける場合、塗装が必須となる。見た目に違和感なく、かつ耐久性も考慮するのであれば、専門のショップに依頼しよう。その方が後々まで満足度が高くなるのである。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加