ミラココアのエアロ

 ダイハツ・ミラココアは、愛らしいキャラクターを持った車種。エアロパーツは控えめなデザインの純正ディーラーオプションを選択するのが堅実である。社外品もあり、今後の充実が期待できるので、個性あふれるカスタマイズが可能な車種である。

 自動車の中にも、格好良いではなく、「可愛い」と印象を持たれるものがある。ダイハツ・ミラココアはその格好の一例ではないだろうか? 現在、軽自動車をカスタマイズするオーナーは増加しており、それを裏付けるように、軽自動車のカスタマイズ市場は、わずかながらではあるが、拡大しつつあるという統計もある。
尖って格好良いばかりがカスタマイズの方向性ではなく、かわいさを活かしたカスタマイズもある、ということで、ミラココアは今後、カスタマイズのためのベース車として、最適な車種のひとつになると思われる。カスタマイズの中でも、外観の印象を大きく変えることができるのがエアロパーツ。大物ではあるが、効果は高い。ミラココアのエアロパーツは、現在、どのような状況になっているのだろうか?

スポンサーリンク

 ミラココアの登場は2009年。車名からわかるとおり、ダイハツの中ではミラの派生車種であり、それ以前に製造されていたミラジーノの後継車的役割を担っている。丸いヘッドライトになどに象徴される愛らしさをモチーフにしたデザインは、女性層をターゲットにしたものだろう。ターボ付きのグレードがあるともっとよい。全長は3395mm、全幅1475mmというのは、軽自動車規格を最大限に活用したものだが、これらは軽自動車であればどこのメーカーでも同一である。全高が、1530mmと1560mmの2種類あるのは、ルーフレールを標準装備したグレードがあるため。
形式は、前輪駆動が「L675S」、4WDが「L685S」。形式は、エアロパーツ取り付けに限らず、社外品のパーツを発注する、あるいは純正部品を購入する際に必要となる情報なので、把握しておきたいところである。2012年にマイナーチェンジが行われたが、外観に変更はなく、アイドリングストップ機能をはじめとする、燃費向上など、機能的な改良がメインである。

 先に述べたとおり、ミラココアは、グレードによって、ルーフレールの有無があるが、エアロパーツの設定はなく、ディーラーオプションとして用意されている。いわゆる、エアロパーツ3点セットである、フロントロアガーニッシュ、サイドロアガーニッシュ、リアロアガーニッシュを新車購入時に付けることができる。デザイン的にも控えめで、ミラココアのキャラクターにあったものであるが、カラーはパールホワイトとガンメタリックのいずれかから選択することになる。
ボディと同じ色を希望するのであれば、社外品を選択するか、取り付け前に塗装を依頼するかのいずれかになる。ただし、純正のエアロパーツ、よくありがちな地面すれすれのローダウンでなく、タイヤのキャンバーが目立たない程度に車高を下げてやれば、魅力は倍増する。そして、このタイプの車では、エアロパーツ3点セットの他に、欠かすことができない、リアルーフスポイラーも、ディーラーオプションで用意されている。もちろん、こちらは車体と同じ色を選択できる。

 さて、社外品エアロパーツであるが、比較的新しい車種ということもあり、発売しているメーカーは多くはないものの、選択に困らない程度には発売されている。このような新しいスタイルの車種に関しては、メーカーからエアロパーツが登場するまで時間がかかるのが常であるので、今後の充実に期待したい。社外品の場合、フロントバンパーごと交換するタイプもあり、その場合、グリル周りまで変わることになるので、印象は一変する。注意する点として、社外品エアロパーツの場合、未塗装で販売されている場合がある。
購入後、塗装の作業が必要になるのだが、自分で作業するよりも、塗装業者に依頼した方が、当然品質は高い。かつ、耐久性もある。DIYでの塗装はそれだけ困難で、ボディ並みの仕上がりに近づけることすら難しいのである。通販で購入したエアロパーツを塗装、取り付けまで面倒をみてくれ、独自のノウハウと技術力を持った、軽自動車のカスタマイズに強いショップを探すことも、エアロパーツの選択同様、忘れてはならないのである。

ミラココアの買取価格と値引き交渉 2014-12-26

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加