スローイン・ファーストアウトをおさらいしよう

 コーナーには半径(以下R)があり、そのRに対する物理的に可能な走行速度がある訳だ。これを限界速度と言う。
 勿論、車種によってそれは変わってくることはある。しかし、一般道に関して言えば、そこには法定速度があるわけだから、これを遵守しようと思ったら、そう、車種によって限界速度が変わることは意識しなくてもよいと思う。
 では、なぜスローイン・ファーストアウトが必要なのか、と言えば、それはまず安全に関わる問題だから、と考えていただきたい。
 例えば直線を60Km/hで走っていて、その先に現れたコーナーがけっこうきついRであり、そのままの速度で突っ込んだら破綻を起こすことが予測された場合、たぶん二通りの方法が行われているかも知れない。

 この場合の破たんとは、限界速度を超えてしまい、コーナーを曲がり切れずに飛び出してしまう、或いは飛びだしそうになる事をいう。
 そして破綻を防ぐ方法として、ひとつはコーナーに進入する前に、ブレーキング、或いはスロットルペダルをOFFにして、エンジンブレーキを使うことだ。どちらも減速をするために行う行為だ。
 もうひとつは、コーナーを走っているあいだにブレーキングをしたり、エンジンブレーキを使って限界速度を超えないように、コーナーの中での減速を行う方法だと思う。
 
 前者のアプローチの仕方をスローインと言う。
 そしてアプローチの次の段階として、前項のアウト・イン・アウトのラインに乗せるためにステアリングを切り込む。ステアリングを切り込みながら、徐々にスロットルを踏みこみ、コーナーの頂点(クリッピンポイント)辺りから、深くスロットルを踏みこみ脱出速度を稼ぐやり方を、スローイン・ファーストアウトと言うのだ。
 この時にJSDを組み込んだ車の場合、アプローチ段階でパワーオンにすると、LSDに慣れていないドライバーはいわゆるトルクアンダーステア的なものを感じて、ステアリングをよけいに切り込まなくてはいけない、と感じるかもしれない。これを解消するためには、ステアリングを切り込んでから、スロットルをONにすることだ。
 ワンテンポ遅れてスロットルを開ければ、この現象はなくなる。
 レーシングシーンでは、クリッピングポイントに貼りついてから、スロットルを全開にしていくケースが多いし、サスペンションのセッティング等も全く違うから、スロットルの開け方じたいは、市販車とは異なると思っていただきたい。

 こうして、駆動輪にパワーをかけたコーナリングをしていくと、コーナーの外側にかかる力が前進する力に打ち消されて、車は安定した姿勢を保ち、なおかつドライバーの意志にそって反応することができるのだ。
 この走り方をしていると、オーバースピード、或いはそれに近い速度でない限り、いったん決めたステアリングの操作量を変更することなくコーナーを抜けていくことが出来る。
 つまり、アプローチの段階で切り込み、クリッピンポイントまでに決定したステアリングの操作量が、ほぼそのままで済むから、タイヤには優しいと言えるだろう。
 しかしこの時には、そこそこな横Gを感じることができ、上体はシートのサイドサポートに支えられることによって安定されることを自覚出来ると思う。
 しかし、そうなっても前進する力が強く働いているために、恐怖感を感じることは、殆どの人はないと思う。

 これが、コーナーに入ってから減速をする方法で走ると、コーナリング中には前進する力がゼロになるため、車はひたすら横に出たがる事になる。安定感を感じることはできず、ひたすらステアリングと格闘しながら、なんとかコーナーを抜けることになる訳だ。
 そして直線に出たときには速度が落ちているために、シフトダウンをしなければ滑らかな加速をしない状態になっている訳だ。
 このように、スローイン・ファーストアウトとは、ワインディングロードを走る上では基本中の基本になるのだ。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加