雨天走行時に上手く視界を確保する方法

雨の日の運転は、晴天時に比べるとはるかに視界が悪いことに悩ませられることが多いと思う。
例えば冬場の雨。こんな時に誰かを途中で乗せると、必ず内窓が曇ったりする経験はおありだろう。また、ドアミラーやサイドウインドー・リアウインドーに大振りな水滴が出来てしまい、画像が歪み距離感もあまりはっきりしない、等と言うご経験もおありだろうと思う。
おまけに、肝心なフロントウインドーに油膜がびっしりとついていて、ワイパーで水滴を払っても画像がスッキリとせずに、やはり距離感などの大切な事が掴み切れない、等と言うことはかなりの方がご経験されていることだと思う。

スポンサーリンク

では、どうやったら上手く視界を確保できるのかと言うことについて、簡単に述べてみたい。
まずは内窓の曇りをコントロールできるのか、と言うことから始めたい。
ガラスが曇る理由は、冷たいグラスに結露する現象と同じだと言うことはすでに広く知られている。これを防止するためにはふたつの訃報がある。
ひとつは結露した水滴同士が速やかに結合、或いはガラスの表面に同化してしまう方法だ。綺麗に洗ったグラスに冷たいものを入れても、結露するよりは流れてしまい、透明なままになることは、ご経験された方も多いと思う。
これを実践するためには、“くリンビュー”等の液剤を塗布することになる。界面活性剤等の効果により、これは達成できるが何分限度があり、ガラスに同化した水分の厚みを増すと、映像は油がんで見えるようになるし、事後、乾燥した時に白く曇ったりするので結構大変なので、あまりお勧めできない。
もうひとつは、エアコンを積極的に利用することだ。
コンプレッサーがONの状態になっていれば、室内の水分はエバポレーターによって、大量に結露されて車外に排出されるので、ガラスが曇ることは極力避けられる。事後の曇りもない。
多少燃費は悪くなるが、安全確保のためには積極的に使うべきだろう。自分も含め、人の命より大切なものはないのだから。

次に外側のガラスに移りたい。
まずはドアミラーだ。これに水滴がつくと、後方確認が極めて困難になる。これを防ぐには、水滴がつかないように蒸発に近いかたちで追いだすか、内窓の時に述べた水滴ではなくガラスと同化させることと、撥水剤を使って水滴を極力小さくすることがある。
蒸発に近いかたちでと言うことについては、もともとの機構が必要であり、除外させえていただきたい。これを装備した車を購入すればいいのだが、まさかこれだけで車を選べないし、これとて万全ではないからだ。
次に、撥水剤を使う件だが、ある程度の効果はあると言える。しかし、ミラーという小面積の中では、いくら小さいとは言え水滴はその存在感を消すことはできないし、走行風で飛ばすことは全く期待ができないので、ここでは省きたい。
最後に、同化させる方法だが、これが最も適していると思う。ミラーの表面に液剤を塗っても効果はあるが、流れてしまい効果の持続は難しい。しかし、今はこれを達成するフイルムが車種別に販売されているため、呆気ないほど簡単に達成できるようになっている。高価なものではないので、一度ためしてご覧になるといい。

最後に外ガラスだが、やはり雨滴をガラスと同化させる事が挙げらるが、あまりお勧めできない。やはり残った水膜の厚みが問題であり、映像・画像がゆがみ、正確な距離感等がつかめないからだ。更に、フロントガラスにいたっては、ワイパーの性能がシビアに要求されるからだ。
従って、ここは撥水剤に全てをゆだねる事をお勧めしたい。
外窓には全て走行風があたり、小さくなった雨滴は後方に飛んでいき、視界の確保は容易だ。
フロントにいたっては、高速では殆ど ワイパーのの必要性がない程度になるし、市街地でも間欠ワイパー程度で済む。
そして、ワイパーブレードのゴムが多少ヘタッテいても、結構役に立ってしまうのだ。
更には現代の液剤は、昔のもののように使い方が難しくはない。砂や埃を洗い流し、乾かして塗って拭くだけだ。
施行頻度は高くなるが、難しい使い方は一切なく、ひたすら塗って拭けばいいだけなのでやる気も起こる訳だ。
このように、単純な事の積み上げで、雨天時の視界は劇的に確保させることになるのだ。
ご自分なりに、好みを組み合わせて最良と思われる方法を見つけていただきたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加