寒冷地で走行する場合の準備と注意事項

良く車のカタログ等に“寒冷地仕様”と記載があると思う。これには標準仕様とは様々な違いがあり、凍てつく寒冷地でも大過なく活動ができるようになっているわけだ。
大きな違いがあるのは“コンピューターの設定変更”・“大容量のバッテリーを搭載”・“室内ヒーターの強化”・“ワイパーモーターの強化”・“大容量オルタネーターの搭載”・“ウエザーストリップゴムを柔らかい物に変更”等など、数え挙げれば相当な数だ。

この他にもまだまだあるのだが、きりがないからこの辺で止めておくことにしたい。
寒冷地で車にかかる負担が一番大きいのは、電気系統だろう。始動時には厳寒のために、負担は大きいだろうし、ヒーターはフル回転だろうし、雪が年中降っていればワイパーも(ワイパー自体も寒冷地仕様)フル回転だろうし、視認性向上のためにライトの点灯率は高いだろうし、補助灯の使用率も高いだろうし、何から何まで電気を消費する率はかなり高い。
この為に電気系統の強化は必然性がある訳だ。また、LLCなども寒冷地仕様に変更されていて、凍結防止を行っているわけだ。
このように、考えられる低温被害を未然に防ぐための対策が、寒冷地仕様車には施されているのだ。

では、標準仕様の車で寒冷地を走ることはできないのか、と言えばそんなこともない。
気をつけるべき事のポイントを押さえて出かければ、まず酷い目に会うことはないと思われるので、そのポイントを述べていきたい。
一番目としては、バッテリーとオルタネーターのチェックだ。バッテリーとオルタネーターが充分に機能しているかどうかをチェックして、電気系の酷仕に備えるわけだ。次には、LLCを寒冷地仕様に変更。これは簡単だし、費用もそんなにかからない。寒冷地から帰って来ても、そのまま使うことも可能だ。そして、タイヤをスタッドレスに替える事だ。そして、ウインドーウオッシャー液も寒冷地仕様(なかには-5℃位で凍結する者もある)にしておくことを勧める。融雪剤をまいた雪道では、前を走る車の巻き上げる泥水が視界を奪い、ワイパーだけでは処理しきれない場合が多いので、必須アイテムだと言える。
出来ればエンジンオイルも5W30ぐらいのものに、交換をしておけば始動時の負担は軽減されるから、やっておくべき選択肢だと思う。

電気系、ラジエーターの凍結防止、タイヤ、視界確保の4点セットプラスエンジンオイルをやっておけば、まあ、それほどひどい目には合わないと思う。
更に、融雪スプレーを携帯することをお勧めする。ワイパーの作動部分が凍結したり、その他諸々の作動部分の凍結対策に使えるからだ。思わぬ部分が凍結して、額から汗が出ることも(これも凍結するかも知れないが・・・)無くなるはずだ。
他には“オーバークール”を防ぐため、ラジエター面積を小さくするために貼りつける“段ボール”とガムテープがあれば、ほぼ大丈夫だ。

他にも乾いたタオルを“こんな数を使うことはないだろう”と思うだろうが、5~10枚ぐらいは持っていった方が良い。それに、手を洗うための水をペットボトルに入れて2L入りを2~3本と、ハンドソープを持っていれば安心だ。とかく、雪道を走ると車が汚れるので、必要に応じて手を洗う必要が生じるからだ。
また、水はいざという時の飲み水にもなるので、持っていった方が良いと思う。
あとは軍手とエイドキットも必要になるケースがある。軍手は屋外作業では必需であり、厳寒での屋外作業では手の感覚がなくなり、知らないうちに軍手を通して傷を負ってしまうこともあるので、エイドキットも必要だ。

これぐらい用意しておけば、なんとかなると思う。尚、使って泥にまみれたタオルは捨てずに取っておけば、スタックしたときにタイヤに噛ませることができるので、有効に使いたい。
それと、ヘッドライトウオッシャーあってもヘッドライトワイパーがあっても、次第にヘッドライトは汚れる。またどちらも付いていないものは、部厚い泥汚れが付いてしまい、ライトの照度を落としてしまうため(こうなるとかなり暗く感じる)、こまめにライトレンズは拭いておくことは必要だ。

次には運転の仕方だが、全てにおいて“急”にならないことが絶対的に必要になる。
コーナーの進入に際しては“超スローイン・スローアウト”を心がけたい。また、そのうえで“アウトインアウト”を心がけて、極力横Gを減らすことが必要になる。
また、車間距離は充分に取って、ブレーキング時に起こってしまうタイヤロック等のパニックに備えることも必要になる。
雪になれている現地の方達は、結構なスピードで走っているが、雪慣れしていない方は決して真似をしないことが肝心だ。必要に応じて左によって、抜かせることも必要になる。レースでラップ遅れになったときに、トップ争いをしているマシーンが来たら、抜かせることと同じだ。これも“マナー”だろうと思う。
くれぐれも、用意万端、怠りなくお出かけになっていただきたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加