エンジンオイルの交換時期

オイルの交換時期について

エンジンオイルはいつ交換するのかは、とにかう言う人いう人によって微妙に異なる。そのため、自動車に詳しくない人からすると「何が正しいのか」という事になる。

その際、一つの目安となるのがメーカーの指定交換時期です。自動車メーカーはオイル交換時期を指定してくれているのですが、正直、これはあまり考える必要がないとも言えます。

どれだけしっかりと交換していてもメーカーが保障する期間中の場合、まだまだ新しいおかげでそうそうトラブルにはならないのです。

人間同様、若い時には多少の無茶も影響ないものの、年齢と共に若い時のガタが来るものですが、自動車も同様です。つまり、長い目で見たらメーカーの指定期間も軽視は出来ないものの、必ずしも「絶対」ではないという事です。

スポンサーリンク

何故オイル交換が必要なのか

そもそもなぜエンジンオイルを交換しなければならないのかと言うと、簡単に言えば「劣化する」に尽きます。

そして劣化すると走行に支障をきたす事になるとはお話した通りですが、ではなぜオイルが劣化するのか。・

オイルが劣化する原因

添加剤の消耗

まずこれが挙げられます。オイルにはいろいろな添加剤が入っているのですが、運転と共に添加剤は消耗していきますので、オイルの性能が落ちていき、役割を果たせなくなってしまいます。

熱による劣化

オイルは熱でも劣化します。エンジンから生まれるエネルギーの熱は想像以上の熱です。その熱に常にさらされ続ける事で、オイルの組成力が弱まります。これにより、空気中の酸素と結合しやすくなる事で酸化してしまい、これまたオイル本来の役割を果たす事が出来なくなってしまうのです。

カーボン粒子の混同

不完全燃焼によるカーボン粒子がオイルの洗浄作用のおかげでオイルに取り込まれる事もあるのですが、この場合、オイルの中にカーボン粒子が含まれるのですから、オイルそのものの力が弱くなる、つまりは劣化します。

異物の混入

固形や異形物の混入もまた、オイルの劣化の原因の一つです。エアーの通路の僅かな隙間に異物が混入する事で、オイルに交じってしまいます。すると、オイルの中で研磨剤のような役割となってしまい、結果エンジンの摺動部分を削ってしまうのです。
おかげで金属粉が生まれ、オイルの中に金属を溜めこむ、つまりはオイルがオイルではなくなり、劣化していくのです。

オイルの希釈

これも一つです。未燃焼ガスによってオイルが希釈、つまりは薄くなるのです。薄くなるという事は、オイルそのものの性質が変わるという事ですから、単純に劣化するのです。

オイルの適温

エンジンオイルには適温があります。一般的には90°から120°と言われていますので、この状態を保っていると良い状態ではあるのですが、運転次第ではどうしてもこの温度を保てません。

特に渋滞時。低速域どころか、ほとんど前進させないような状態になりますので、冷却に必要な走行風が入ってきません。これはアイドリングにも言えるのですが、エンジンは回っているものの、風が入ってこないのです。

つまり、エンジンは熱を帯びていくだけですから、簡単に120°を超えてしまいます。夏場の渋滞が厄介とされているのはそのためです。

さらには連続高回転。高負荷運転ですと走行風での冷却が追い付かず、120°を超えてしまいますし、寒冷地過ぎるとどれだけエンジンを温めても90°にすら満たない。結果、スラッジ化を誘発してしまうのです。

オイル劣化の見極め

エンジンオイルが劣化しているかどうかは目視だけでは難しいのですが、二つほど方法があると言われています。

走行距離によるオイル劣化の見極め

まずは走行距離です。一般的に、自然吸気エンジンで5,000km、ターボで3,000kmと言われています。

これはターボエンジンの方がエンジンを回す、つまりは高温での仕事量が多いからという事になるのですが、モータースポーツ等でも同様の事が言えます。

このような車の場合オイルクーラーが搭載されている事もあるのですが、それでも間に合わないケースさえあるのです。

オイル交換を行うとエンジン音が静かになったり加速が良くなったように感じるのは、決して気分の問題ではなく、オイルそのものが変わった事でエンジンが良い状態になったからです。

摺動部分、金属が摩擦する部分なんかではやはりまったく違うものです。油膜が出来れば静音性が高まります。このような性能を維持する事が出来るのが自然吸気で5,000km、ターボで3,000kmとされています。

経過時間によるオイル劣化の見極め

経過時間による判断も出来ます。
これはおよそ半年と言われています。エンジンオイルは空気中の水分を取り込み、それが酸素と反応してしまい、酸化劣化してしまうのです。つまり、エンジンを始動させなくともエンジンオイルは劣化するのです。

ですので、いくら走行距離が短いとは言っても、半年以上も前に取り換えたエンジンオイルの場合、オイルそのものが劣化しているおかげで本来の性能を発揮出来ないという事もあるのです。

メーカー保証期間無いであってもシビアなコンディションであればオイルは劣化します。
特にカーライフは人それぞれです。環境や駐車場によっても変わります。直射日光が当たるかどうかも大きな違いを生みます。

ですので、エンジンオイルの交換は自分自身でしっかりとチェックしておくべきではありますが、凡その目安として、自然吸気で5,000km、ターボで3,000kmという数字は覚えておくべきです。


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加