エアクリーナーのメンテナンス

エアクリーナーの役割

エンジンルームを覗くと現代の自動車であれば大抵は大きな四角いBOXがあり。この箱にはダクトが付いている事が多いので簡単にわかるかと思うが、場所は車種によって微妙に異なる。この箱にはクリップやフックが付いている物の、外して中を見る事も出来るすると紙や不織布製のフィルターが装着されているのだが、これが「エアクリーナー」になる。

ではこれはどのような役割を持っているのかというと、実はとても大きな役割を担っている。それは文字通り、茎の汚れを掃除する事なのだ。そしてそれが唯一の役割でもある。

エンジンのメカニズムは細かく言うとキリがないが、大まかに言えばガソリンと空気の混合気を燃焼して出力を得ている。つまりは空気の存在もとても大切なのだが、空気にも質の問題がある。空気の中に異物が混入していると、エンジンの寿命を縮めてしまう事にもなる。さらには空気中のゴミや埃を遮断しつつも最大の効率且つクリーンな空気を供給し続けなければならないのだ。

これがエアクリーナーの役割になる。つまり、エアクリーナーが汚くなるという事はエンジンにより負担をかけてしまうという事になるのだ。

スポンサーリンク

エアフィルターの種類

エアクリーナーには大きく分けて二種類ある。乾式と湿式になる。文字からも解るように乾いているか湿っているかの違いだ。
一般大衆車は基本的に乾式で、スポーツタイプの車種では湿式のエアクリーナーとなっている。

効率の面で言えば湿式の方がとても素晴らしいものがあるのだが、こまめなメンテナンスが必要になる。そのため、スポーツタイプのようにオーナーが自動車にこだわりを持っているであろう車種には湿式が採用されている事が多い。

洗浄して再利用する事も可能ではあるのだが、洗浄には手間がかかる。さらには時間もかかるため、呼びを用意しておき、ローテーションを組んでおく事も大切になってくる。

乾式に関しては乾燥の時間も必要ないため、メンテナンスそのものはとても簡単ではあるものの、メンテナンスの時に傷つけやすいというデメリットもある。

エアフィルターの交換時期

ではエアクリーナーの交換時期はと言えば、湿式・乾式共に10,000kmから20,000kmで交換した方が良いと言われている。

乾式の場合、吸気側から圧縮空気を吹き付ける事で目詰まりを解消する事画出来る。むしろこれ以外の方法はそうそうないし、ガソリンスタンド等ではこれくらいであれば無料で行ってくれる事もある。

ガソリンスタンドのスタッフであれば作業にもなれているのでエアクリーナーを傷付けるような事もないだろう。自分自身で行うとなるとそれなりに注意が必要だ。

特に高圧空気の噴出しているノズルはなるべくフィルターに近づけず、空圧で掃除するよ心がける。仮に何かしら破壊してしまったらエアクリーナーとしての機能が損なわれる事になる。
濾過機能そのものがなくなってしまうのだからそれでは意味がない。だが、交換に関しては30,000kmくらいで良いのではないか。

一方湿式に関して言えば少々手間がかかる。エアクリーナーを葉寿司、ぬるま湯に溶いた洗剤の中に漬ける。不織布の場合、ひたすら漬ける。20分から30分で引き揚げ、真水を入れたバケツの中で振り洗いを行い、水を交換しつつ、泡がなくなるまで行う。

時間も手間も必要になる事は覚えておくべきだ。

ウレタンの場合は10分程度でも良いが、緩く揉み洗いを行った方が早くきれいになるだろう。そして乾燥させたら付属のオイル塗る。オイルが浸透したら元のように組み付けて終了となる。

メンテナンスでは100%元には戻せない

だが、いくらメンテナンスを行っても乾式・湿式共に100%元の性能に戻せる訳ではない。具体的なデータというのはなかなかないのだが、100%にならないとだけは言えてしまう。

つまりはあくまでも「負担の軽減」でしかないという事で、いずれは交換しなければならないパーツという事になる。およそ30,000kmが交換時期とされているが、これを一つの目安としてみると良いだろう。


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加