エリシオンのカスタム

エリシオンは2004年5月に、始めて市場に投入された。
事実上はラグレイトの後継車種として、マーケティングをされたのだが、名称はエリシオンということになった。
しかし、ラグレイトで不評だったエンジンパワーの向上や、少々ヤワだったボディー剛性などにはかなり手が入れられていて、好ましいフィールを得るようにはなってきていた。
おおよそ8年の歳月を、この車は市場で過ごしてきたのだた、それなりに優れたものを持っているのだろうと思われる。

スポンサーリンク

外寸は、全長・全幅・全高・重量のそれぞれが、4840~4920mm・1830~1845mm・1790~1810mm・1800~2020Kgという、ほぼヘビー級に属するサイズと重量になっている。
このかいがあってか、居住性には問題が見当たらない。しかし、サイズはともかく重量としてはかなり重いと言わざるは得ない状況ではある。
この2t超という重量は、オフローダーのヘビー級にならないと、なかなかお目にかかることはできないのだが、結構ミニバンでは出てくる数字なのでちょっとびっくりするのだが、そういう意味では一般的なのかもしれない。

駆動方式はFF/4WDを選択できるようになっている。
サスペンションレイアウトは、前後共にWウイッシュボーンとなっている。また、パッワーユニットは3機種が用意されている。
KA24A 2,4リッター ストレート4 DOHC16V ボア・ストロークが87,0mm×99mmで173hp/6000rpm・22,6Kg-m/4300rpmがあり、J30A 3,0リッターV6 SOHC ボア・ストローク86,0mm×86,0mmで250hp/6000rpm・31,5KG-m/5000rpm、更にはJ35A 3,5リッターV6 SOHC ボア・ストロークが89,0mm×93,0mmで300hp/6200 rpm・36,0mm/5000rpmというラインナップになっている。したがって、馬力あたりの重量としては、3,5リッターの場合6,7Kg/hpということになるから、案外と軽快に走りそうなきもする。

ノーマルでの走行フィール

実際に走らせた場合、2,4リッター車は回頭性がよく、車重を感じさせない走りをしてくれることは嬉しいのだが、パワー不足を感じることも事実なのだ。出は、3,5リッターの場合にはどうかというと、思いのほか回頭性もよく、しかもパワフルさを充分に感じることができるものなので、このパワーユニットを積んだグレードをお奨めしたい。
このエンジンは大排気量でありながら、いかにもエンジン屋ホンダを感じさせる回り方をしてくれる。特に高回転域のレスポンスは、かなりいいと言える。しかし、どういうわけか、低速域でのレスポンスがあまりいただけない。これは、現代の車特有のワイヤーレススロットルコントロールが生み出すもものだと思う。なんとかしたほうがいいのではないだろうか。

また、この車の弱点と言っていいのかどうかは別なのだが、ブレーキが問題だろう。タッチは勿論なのだが、耐フェード性に問題があると感じられる。しかも、はっきりと感じられるのだから拙いと思う。このヘビー級の重量を、ワインディングの下りで連続使用してフェードを起こしてしまったならば、いったいその後のことはどうなるのだろうかと、誰もが想像出来る話だろうと思う。
なんとかしなくては拙いと思うのだが。

足回りは一般的な速度で走る限りにおいては、相当レベルは高い。高速巡航においても、ワインディングにおいても、そこそこのスタビティーは認めることが出来る。
しかし、ワインディングではある速度域を超えると、一気にだらしなくなるから困る。それまでのスタビリティーが、いったいなんだったんだろうかと思える状況になってしまうから、その落差をなんとかしないと、結構危ないのかもしれないと思ってしまう。“それなら飛ばすな”という言葉が頭には出てくるのだが、軽快に走ってしまうから知らずしらすにそう言う速度域に入ってしまうのだ(お巡りさん御免なさい)。

サスペンションとボディ剛性

まずはサスペンションのカスタマイズから始めたい。ここでは、ボディーの補強から一緒にやりたい。補強のアイテムはいくつも出ているのだが、リアアンダーの補強と(開口部が大きいから仕方がない)、フロントのアンダーとサブフレームとの接合強化をやれば、フルに近いブレーキング時とコーナリング時のスタビリティーは、全く別物の感じになるから、ぜひやっていただきたいと思う。この車は、サスのマウント部分はかなり強度が出ているから、この程度の補強で違う車になったように思えるものなのだ。
サスは、バネをあまり固くすると、もともと重心が高いので変に突っ張った感じがするようになるので、操安性に問題が出てくるから、バネレートは控えめにして、ダンパーとスタビライザーに頼ったセッティングをお奨めしたい。

ブレーキ

次にブレーキだが、これは全部に手を加えたほうが安全の見地から考えてもいいと思う。
まず、この重量とパワーを受け止めるためには、6ポッドの高剛性キャリパーを奢りたい、その上で、ホースも高剛性なパーツに替えて、パッドを耐フェード性の高いものに替えて、フルードも高沸点なタイプにしたい。その上で、マスターシリンダーも容量の大きいものにしておけば、ワインディングの下りでの連続使用でも怖くはなくなる。
高い買い物なのだが、なにかあるのはパワーよりもブレーキなのだから、やっておいて損なことは何一つないと言える。

エンジン

そして最後にエンジンなのだが、このエンジンは基本的にそう悪いところがないのだ。ストレスなくトップエンドまで回ってくれるし、パワー・トルクも充分だと言える。
しかし、低回転域において、少々物足りないのと、レスポンスが今ひとつ納得がいかない部分がある。
ロムを書き換えて、高効率な吸・排気系のパーツをつけ、アーシングと点火系の低抵抗パーツを入れる。そして、スロットルコントローラーを入れて、ワイヤーでコントロールしているスロットルのようなレスポンスを取り戻せば、結構楽しいエンジンになってくれる。

これで、かなり強力な車になったことになる。このサイズで、この重量なのだが、ワインディングなどでもかなり速い部類に属する車になっているから、ちょっとしたスポーティーカーに下手くそなドライバーが載っていた場合、笑えるぐらい簡単にさようならが出来る。まあ、あまり飛ばさない方がいいとは思うけれど。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加