NBOXのドレスアップ

ホンダ N-BOXは、ホンダの“スパーハイトワゴン”として開発をされた車だ。市場投入された2011年12月に市場投入されたのだが、当時のホンダにはこの手のトールワゴン的な車はなかったので、入魂の一発という感じで投入をされた。

その背景には、当時軽自動車市場の30%以上のシェアーを占めていたホンダだったのだが、マーケティングの結果商品ラインナップが手薄感ありと言う結果になったことが大きかったようだ。何しろ、リーマンショック以来いわゆる“軽”の市場はまさに激戦区だったために、絶対に負けるわけにはいかないという、ホンダの事情もあったことは確かっだから。

そのためと言うべきなのか、この車の開発に当たっては第二期F-1に携わった面々が、そっくり開発チームに参加していたことは凄いなと思ってしまったものだ。この車は、いわゆる規制のコンポーネントを使って、と言うことをしないでシャーシからエンジンまでのすべてをつくってしまったから、これもすごいことだなと思った。

のちに登場する“N”シリーズと共通のプラットファームを使って作られたN-BOXの外寸は、全長3,395mm、全幅1,475mm~高1,780~1,800mm、重量930~1,060kgと言う数値になっている。注目するべきは、全高の大きさだろう。既存の軽自動車で、これを超えてくるものはないのでは、と感じてしまう数値だ。それと、その分やはり重くなっているのか、1t越えの車重にもちょっと注目することになる。

これだけ大きいと室内はさぞルーミーだろうなと思うと、やはり相当に広い室内空間を持っている。これはフィットで培った、燃料タンクを床下に追いやるノウハウとさらに“ミニマムエンジンルーム”と言う構想を反映させた結果、エンジンルーム全体を70mm前方へ押しやることができた結果もある。最近のホンダ車は、とにかくこう言った面でのアイディア勝負に強くなってきているのだろうと思う。

一時期保守的に奔った結果起こった、“ホンダ離れ”がやはり痛かったのかなと、ちょっと思ってしまった。保守的と言っても、全部の車が保守的になっていたわけではないのだが、やはり多少でもそう言う姿勢を出すことが、ホンダと言う会社のイメージにはそぐわないということだったのだろうか。

スポンサーリンク

このN-BOXのデザインがまた面白くまとまっていて、その背の高さを隠そうともせず、これもよがしにもしていない。そして、一番愉快に見えるのがフロントマスクの表情で、今だに子供には人気のあるアメリカのアニメ“トム&ジェリー”に出てくる、トムが恐れている“ブルドッグ”にどことなくイメージが似ているのだ。そう言えば、マツダの車もアニメ“となりのトトロ”に出てくる“猫バス”や、“きんぎょ注意報”に出てくる、空飛ぶ魔法の金魚“ぎょぴちゃん”に似ている車もあった。最近の車の表情は面白いのかもしれない。

こう言う個性を殺さないで、何とかドレスアップができないかなと思って調べてみると、かなりそれなりの製品ラインナップはある。多すぎて選択肢に困るほどではないにしろ、かなり多いことは事実なので、しっかり自分の求めるイメージを考えながら、自動車雑誌やネットで画像をチェックして候補を決めたいところだ。いいイメージだなと思ったのメーカーのものも、結構あるのでしっかりチェックして欲しいと思う。

候補をいくつかに絞り込めたら、次には取り扱いをしているショップを探して、足を運ぶべきだと思う。ショップでは、スタッフさんとコミニュケーションを取って見て、いい関係を作れそうな所をアランだ方が良いと思う。何しろ、エアロやタイヤホイールをつけたら、それで付き合いが終わるわけではないからだ。思わぬことでせっかく取り付けたエアロパーツを壊してしまった時、あるいはホイールを傷つけたりした時など、相談に乗ってくれるのもショップなのだから、ここはいい関係をつくっておきたい。

そして出来るだけというよりも、是非にと言う感じで“現車チェック”をすることをお勧めしたい。現車チェックができれば、パーツ自体のクオリティー、取り付け技術の精度、そして雑誌やネットでみたイメージとの乖離はないか、等を詳細にチェックできるからだ。デモカーがあれば一番いいのだが、ない場合でも他の顧客の車が入庫してくる予定などを訊いて、ぜひ現車チェックをしていただきたいと思う。

こうして、エアロを取り付けた車は、ストックの状態では見られなかったちょっと凛々しいイメージに変身をすることになる。しかし、ここでひとつ足もとに目を向けると、やはりちょっと貧弱かなという気がしてくる。こう言う時には常套手段にはなるのだが、インチアップホイールに扁平率を示す数字の値が小さい、厚みの少ないタイヤをセットして履かせたい。どんなイメージにしたいのか、これもショップのスタッフさんにイメージと予算を伝えて、いくつか候補を出してもらって選べば大きな失敗はしなくて済むと思う。ホイールのデザインひとつで、かなり全体のイメージに関わってしまうので、充分に注意が必要な作業になる。

ホイールの外周に3mm程度の幅で一周、カラーリングをしてみてはどうだろう。ダークレッドやイエローなど、ボディーカラーとのコーディネートを考えてやると、結構さまになる。さらに大口径になった開口部から見えるキャリパーを、同色にしてみることもなかなかいいと思う。カスタマイズのときに、キャりパーを交換していればブランドカラーになっているので、それを尊重する場合にはそのままでもかまわない。あと、できればローターもスリット入りなどのパーツに交換しておけば、かなり主張はできるようになれる。

最後にインテリアだが、シートをバケットタイプに交換して、ファッション性と実効性を同時に満足させたい。ちょっと前までだと、選べるシートがあまりなかったのだが、最近ではかなり豊富とまではいかないが、そこそこ選べるようになってきている。これも予算をスタッフさんに伝えて、候補を出してもらえば選びやすい。

そしてしっかりとした 素材でできた滑り止め機能の付いたスポーツペダルにこうかんして、カーゴスペースと居住区のしきりにドッグネットは張って、イメージアップは完了となる。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加