ライフのドレスアップ

“N360”の後継車種として1971年の6月に市場に登場した車だ。初代のライフはN360の面影を強く残していて、その後の初代シビックの開発にも影響を与えた。言って見れば、現在のホンダの基盤を作ったことになるのかも知れない。何しろこの時代のホンダと言えば4輪車はすべて軽で、そのあとシビックが出て大ヒットを産み、現代のホンダのラインナップの基礎を作ったと言っても大げさではないのだ。

しかし、この初代ライフは非常にライフスパンが短く、1974年に販売中止になってしまった。わずかに4年弱という、短いスパンしか与えてもらえなかったわけだ。これは、初代シビックの爆発的なヒットの煽りを受けて、生産工場のラインをすべてシビック用に明け渡さなければいけなかったことに加えて、軽自動車の車検の義務付けや保安基準が改められたことによって、メリットが少なくなったリしたことは大きかった。また価格面でもシビックの最廉価版の価格が40万円台の前半の設定になっていて、ライフの最廉価版が35万円と言うこともあって、ほとんど生産販売をするメリットがなくなってしまったことが大きな原因だったのだろう。

そして、1997年に26年と言う長い時間を経て、2代目ライフが登場したのだった。2代目はトールワゴンとして、全く違うコンセプトで作られた車で、現代の軽に求められるものはすべて詰め込んだような仕様になっていたようだった。そのせいか、軽と言う感覚的に身近に思える車種のためなのか、女性のファン層が多くなったことも事実だった。

これ以降のライフは、この女性ファンに応えるための工夫を凝らして、いつの間にか車を走らせる喜びを求めるファン層からは少しだけ、遠い位置にいる車になったともいえる。そのせいなのか、のちに“ゼスト”を誕生させるきっかけを作ったのかもしれない。

スポンサーリンク

そんなことを経て、2008年には5代目が誕生している。この車のコンセプトは“デイリー スマイル テクノロジー”になっている。この車は“運転のし易さ”と言うことに特に注力を払っていて、Aピラーを細くしたり、ワイパー位置の見直しをしたり、サッシュと一体になった三角窓を採用したり、リアウインドウを大きくしたり等などの工夫により、“四隅の見切り”をいかにし易くするのか。と言うことを実現している。これはやはり、女性ファンに対する気遣いなのだはないだろうか。

デザイン的には、2代目から先代までよりは少しシャープなイメージになった。また、ボディーサイドにあまりデザイン線を入れていなかったのだが、リアのホイールアーチにかけて、少しデザイン線を取り入れたことも、シャープさを出すことに一役かっているようにも感じる。さらに、ホイールアーチは少し“オーバーフェンダー”的なデザインになっていることは、先代よりも能動的なイメージを与えてくれる。

こうしてみると、内容的には女性対応が見られるが、外見的には少し先代よりも男性的になったのかなと、ちょっとうれしくなれる見映えになったのかも知れない。こう言うイメージを大切にして、ドレスアップを図っていくことにしてみたい。

どんなドレスアップパーツがあるのかなと思い、調べてみると、これが結構多くの製品ラインナップがあるので、選択肢がなくて困ると言ったことは全くない。かえって“どれにしようか?”という、逆の困り方をするかもしれないのだ。

そこでやはり、どんなイメージに仕上げたいのかと言うことをあらかじめ描いて、自動車雑誌の広告や記事、さらにネットなどで画像チェックをすることから、ドレスアップの作業は始まることになる。

画像チェックである程度の絞り込みができたら、次は取扱をしているショップを探すことをする。これも、自動車雑誌の広告などとネットで探すことが一番早いが、友人知人からの情報を得られるのであればもっといいかもしれない。こうして見つけたショップには必ず出向いて、スタッフさんや店長とコミニュケーションを取って、これ以降良好な対人関係を作れるのかどうかを判断していただきたい。

ショップとは一度だけの付き合いではなく、何か相談事があったり、新しい製品の評価情報をもらえたり等など、かなり付き合いは緊密になってくるから、この関係造りは非常に大切になってくるのだ。

そして、ショップが決まったらやっておくべきことに“現車チェック”がある。ショップのデモカーがあれば一番いいのだが、なければ他の顧客の入庫・施工状況を教えてもらって、現車チェックはやっておきたいところだ。現車チェックのいいところは、エアロパーツのクォリティーチェック、取り付けの技術チェック、画像のイメージと現車のイメージの乖離チェックなどと、あらゆることが可能になるので、やっておきたいことだ。

こうしてエアロパーツの取り付けが終わると、どうしても足元もきちんとしてみたくなることは、車好きの人情だと言ってもいいだろう。

ここは常套手段なのだが、インチアップホイールに扁平率を示す数字が小さい、厚みの少ないタイヤをセットして履かせてみたいところだ。これもイメージと予算をショップ側に伝えて、候補をいくつか出してもらって、その中からえれべば変な失敗はしなくても済む。ホイールのデザインひとつで、車全体のイメージも変わってしまうこともあるから、要注意な作業になる。

そして、ホイールの外周に3㎜程度の幅で、カラーリングをしてみるといいと思う。色としてはダークレッドやイエローなどが割合にいいと思う。開口部が大口径になると、キャりパーの存在が気になるので、このホイールにカラーリングした色と同色にしてみることもいいと思う。もっとも、カスタマイズのときにキャリパーを変えてあるのだったら、ブランドカラーになっているので、それを尊重するのであれば、それでもいいと思う。あとは、ローターをスリット入りなどの物にしておくと、かなり主張のできる車にできる。

最後にインテリアなのだが、やはりイメージ・ファッション性と合わせて、実効性の面からもシートをバケットタイプに交換したいとこだ。ちょっと前だと、選択肢はあまりなかったのだが、最近はかなり性能的にもファッション的にも優れた製品が多くなってきていて、選択肢の不自由をすることはあまりない。これも、予算をショップ側に伝えて、候補を出してもらい、その中から選べばいいと思う。

あとはしっかりとした強度を持った素材でできた、滑り止め機能があるスポーツペダルに交換して、カーゴスペースと居住スペースの境目に“ドッグネット”を張ってみると、かなりいいイメージになると思う。

こうして、主張のできる車になったライフは、カスタマイズと合わせてかなり面白い車にすることができたと思う。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加