フィットシャトルのカスタム

フィットシャトル&ハイブリッドは、フィットをベースにして作られた低価格で価格性能に優れた市場、“エントリークラス”のステーションワゴンとして開発をされた車だ。
事実上の“エブアーウエイブ”の後継車種と言うことになる。ベースになっているフィットと同じ、“ホンダグローバルスモールプラットフォーム”を使用して造られているため、センタータンクレイアウトと言う、燃料タンクをフロントシートの床下に追いやることでできた、室内空間は出色の出来栄えと言っていいと思う。

さらには、ワゴンと言うある程度の荷物に対する積載量を確保するため、Cピラー以降のフロアーを延長してそのスペースを確保するという手段をとった。その結果としては、少々バランスが崩れるように見えるほど、リアオーバーハングは大きくなってしまったという、おまけがついてきてしまったことも事実ではある。そして、この車の市場投入は2011年6月になったのだった。

この車の外寸は全長4,410mm、全幅1,695mm、全高1,540mm、重量1,140 ~ 1,230kgと言う数値になっている。基本的にはフィットの全長をリアオーバーハングを大きくとることだけのような、そんな数値に収まっている。重量にしても、思い切り重くなったようにも感じられない。

エンジンやHVシステムも、ベース車のフィットと変わることもなく、LDA型:1.3L 直4 SOHC i-VTEC、88hp/5800rpm・12.3kgf-m/4500rpmと、L15A型:1.5L 直4 SOHC i-VTEC、120hp/6600rpm・14.8kgf-rpm/4800rpmと言うガソリンエンジンが用意されている。ハイブリッドシステムも、ベース車のフィットと同じホンダIMAシステムを使っている。HVに使用しているモーターも全く同じで、MF6型:薄型DCブラシレスモーターとなっている。ガソリン仕様は1.5リッターで、HVには1.3リッタープラス電気モーターとなっている。

駆動方式も同じでFFと4WDがあるが、残念ながら全車種にその両方があるわけではないことも、ベース車フィットと同じだ。サスペンションはフロントがマクファーソンストラットで、リアはFFが車軸式で4WDがドデオンアクスルであることも同じなのだ。

スポンサーリンク

こんなフィットに対するカスタマイズパーツはあるのだろうか、と言う危惧を抱きながら調べてみると、たくさんありますよと言う感じではないのだが、“無限”をはじめとして、そこそこのラインナップを見ることができる。アフターセールスマーケットでの、製品ラインナップ数はその対象になっている車の人気度を示すものであって、けっして市場占有率を示すものではないのだが、やはりホンダの車はある程度マニアックなのだろうかと、思えてしまう。

この車の市場評価はやはりベース車のフィット自体とほとんど変わりないので、フィットに対するカスタマイズを基本にして考えていきたい。ノーマルではベース車にあるような“RS”のようなスポーティータイプの設定はないので、これも意識の中に入れていくことは勿論のこととしてとらえたいと思う。

まず、高速での安定感はそこそこあるのだが、より安定感を出すことと、ワインディングで狙った通りのラインを描けることと、ハードブレーキん時に起きるフロントの挙動を安定させることと言う、高次元でのスタビリティーを確保する手法を取っていきたいと思う。

フィットシャトルのダンパーは乗り心地を重視するために、動きだしをゆっくりにしていて、これは乗り心地には大きく貢献できるが、やはり各場面での挙動に対して、鈍さを感じさせる結果にもなっている。したがって、サスペンションをバネ・ダンパー・スタビライザーごと交換してしまうことを大前提にするべきだろう。

ただし、バネレートをあまり高めずに、ダンパーの能力とスタビライザーに挙動の件はある程度任せた方が良いと思う。それでも足りなければ、ブッシュ類の強化品を使って、サスペンションの位置決めをしっかり取ることになる。

さらにさらになのだが、ボディーの補強をやっておくべきだと思う。特にアンダーフロアーに取り付けて補強できるタイプの製品と、サブフレームとボディーの接合を強化する目的リジッドカラーを入れると、飛躍的に一体感が増す。これによって、ハードブレーキング時のフロント挙動や、コーナリング時に狙ったラインに乗せることはあっけないほど簡単に解決ができる。

サスペンションとボディーの補強が終わると、次はブレーキなのだが、できればオーバークォリティーになるかもしれないが対向4ポッドの高剛性キャリパーを奢りたい。その上で、耐フェード性の高いパッドを入れて、高沸点タイプのフルードに交換をして、ステンレスメッシュなどで補強をしたホースを使えば、かなりと優れたブレーキに変身をしてくれることになる。

最後にエンジンなのだが、常套手段的になるが、吸排気系の高効率化を図ったうえで燃調を取り直す意味と、空き領域を使って、全回転域でパワートルクを厚くするための目的に沿った、ロムの書き換えをすればハッキリと体感できる程度の効果をあげることはできる。

これで、かなり違った車にすることができたと思う。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加