シビックタイプRのカスタム

ランエボやインプレッサSTI、ニッサンGTR等と同じようにストックのままでもサーキット走行が可能、と言う謳い文句どおりのの走りをしてくれるタイプRなのだが、そこはやはり何か自分の味を出していきたいと思う事が多い。

そこで、これだけの完成度をもった車を、あまりいじり過ぎてもバランスを崩すことになりかねない、と言うことを念頭に置いてカスタマイズを考えたい。
もちろんサーキット走行をする事を、ある程度前提に入れてという条件はクリアーしていきたいと思う。
ポイントをサスとタイヤにおいて、あとは付随するものと言う捉え方をした方が安全だと思う。
V-TECというエンジンをチューンしてしまうと、根本から違う車になってしまいかねないから、ちょっと吸気系をいじる程度にしてハイカムが働き出した時に、体感できるスムーズさや吹け上がり鋭さを感じる程度で充分に満足感を得ることができると思う。

スポンサーリンク

先ずはサスキットだが、HONDAブランドにはついて回る“無限”のものが、本来のサスの味を残しながらより高い次元でバランスの取れたロードホールディングを実現してくれる。
荒れた路面ではそれなりに、路面の凹凸をはっきりと伝えては来るが、タイヤが路面を切る事はなく安定したグリップ感を示してくれるし、なによりも曲がる、曲がる、大いに曲がり易いと言うわけだ。S字のような切りかえしをするような場面でも、前のヨーモーメントを感じることが殆どなく、次のステアリング操作に車体がついてくるので、グリップや車の挙動に不安が少ないのだ。街乗りと、サーキット走行のバランスを考えると、結構ベストチョイスと言えるかも知れない。

これを組み込む時に、前後ともクロスビームバーとリジットカラーを入れて、補強をしておけばかなり剛性感もたかまり、ステアリングへの応答性もより気持ちの良いものになる事は間違いない。タイプR用としては両方とも“SPOON”から発売されている製品があるし、他社からも様々補強用のパーツが発売されているから、情報を集めて試してみることをお勧めする。
サスのバネレートがたかまり、ダンパーの減衰力が上がるとどうしても、車体の剛性感が物足りない感覚が出てきがちなので、ここはひとつ補強を忘れずにやっておきたいものだ。
これでもまだフロントのグリップに不満や不安があるようなら、ストラット車用のアライメント調整に使用する純正パーツで“キャンバー調整ボルト”と言うものがあるので、これを使って若干マイナスキャンバーを付けてみると、かなり違ったハンドリングになるので、試してみると良いかもしれない。
この補強は外から見えるものではなく、ハンドリングカーとして生きるためのものなので、何となくエアロに凝り固まった車よりも優越感に浸れる事もあり、精神的にも満足感を得られると思う。

次にタイヤだが、これは完全に好みの問題も大きいパーツだ。
ロードノイズが気にならなければ“DUNLOP DIREZZA SPORT Z1”が良いかもしれない。グリップも結構よく、ステアリングに伝わってくる感触が何となく柔らかい感じがして、好ましいのだ。スポーツタイヤとしては、まあまあ高次元での妥協点と言えるのではないだろうか。問題は耐久性だが、サーキットを走るのであれば、頻繁な交換は覚悟しておくべきパーツなので、ここはひちつ目を瞑るしかないのかもしれない。
続いてホイールを考えたい。
硬派なカスタマイズを目標にするなら、ファッション性等はあまり考えずに、ここはひとつ“剛性・重量”に拘っていきたい。
候補はいくつかあるがお勧めは、何といってもF-1シーンで闘い続けている“ENKEI”のものがよいと思う。タイプRに適合するのなかではRPF1がよいと思う。軽量と高剛性という相反する要素を高水準でまとめあげていて、その性能に破綻はない。
デザイン的にもシンプルでスッキリとしたもので、タイプRを硬派な車に仕立て上げてくるれる。色はシルバーとブラックがあるので、好みで選べばよいだろう。とにかく、このホイールは軽い。持った瞬間に“軽いな”と感じるから、バネ下重量の軽減にはかなり貢献できるはずだ。

ここまで来ると、“次はエンジンか”と言う感じにはなる。
しかし、NAであるこのエンジンはターボを交換したりして、簡単にパワーアップを図ることはできないし、その機構上あまり多く手を入れることは避けた方がよさそうだ。
おまけにこのエンジン、ストックの状態でリッター換算“112.5馬力”と言う、結構なハイチューンであるため、そう多く手を入れることは難しいし、仮にやったとしてもピーキーで、街乗りでは厳しいレーシングエンジン的になりかねない。
そこで、ハイカムが働きだした時に体感できる程度に、吸気を上手く、しかも多く流れるようにしてやったほうが得策だろう。
ほんのちょっとした事なのだが、スロットルボディーの内径を広げてやることが、なかなか効果的なのだ。ストックでついている物は62mmなのだが、これを純正のFD2スロットルボディーすると内径は70mmに拡がる。勿論ASSYでの購入が可能だが、取りつけは多分ディラーではやってくれそうもない。
そのまま取りつけると、インテークマニホールド側に2mm程度の段差が出来てしまうため、これを削る加工が必要になるからだ。懇意にしているショップに待ちこんで、リューター等で削って面を合わせてもらい、そのうえで取りつけると案外簡単に取り付けられる。
ハイカムが働きだしてからの吹け上がりには、体感できるほどの差が出るので、試してみると良いと思う。

これをやったら、ついでにラジエターの内圧を上げてヒート対策をしておくことをお勧めする。これに耐えるラジエターキャップに交換しておけば、かなり対策としては良いと思える。
そして、やはりブレーキもやっておきたい。
SPOONやENDLESSからは、キャリパーやパッドも出ている。また、ブレーキフルードも交換しておいた方がベターだろう。
マイナス10℃極寒性能を犠牲にしても、高温性能を重視して、ブレーキのタッチに拘って選ぶべきだろう。

ブレーキのタッチが、ブレーキングのコントロールには本当に重要なのだから、タッチが安定していないとブレーキングが上手くいかないことになるからだ。
外から見て派出なカスタマイズもいいけれど、こんな具合に硬派にまとめて、走りを楽しむ事も、人には解らない優越感を求めることができる。
タイプRのいいところを、ぜひ引き出していただきたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加