アウディーS3のメンテナンス

S3と言う車、かなり完成度の高い車ではある。この完成度の高さゆえ、ちょっとした事は敏感なドライバーだったら感知できる範囲で、その症状を伝えてくることになる。
それは特に足周りの消耗品、或いは準消耗品等から伝わってくる事が多いようだ。
例えばフロントのタイロッドエンドがヤレてくると、ステアリングのセンターが出づらくなり、中央不感帯が出てしまう事も多いようだ。この現象も一気に出るわけではないのだが、初めの印象と大きく違う事を確認するまでには、そう多くの時間は必要ない。
こうなると、このパーツの交換を前提にするのではなく、とにかく点検・整備に入庫させる事が必要になる。

このタイロッドエンドの消耗と同じぐらいに速いのは、フロントロアーアームのブッシュだろう。これがヘタってくると、路面のギャップを越える時に異音がし出す。
初めは大きなギャップを越える時に、ちょっとした異音がするだけなのだが、次第にそれが感知し易い程度のボリュームを持った異音になり、その次にはあまり大きくもないようなギャップを越える時にも異音がするようになってくる。
最後には、小さなギャップを乗り越える時にも、“これは異音だ”と認知できるような音がするようになってくるのだ。
どちらも、フロント廻りなので、ちょっとした異常を感じたときに両方とも交換をしてしまった方が賢明かもしれない、

いずれにしろ、双方ともヘタってくる事は確実なのだから、早々と交換してしまった方が車にもドライバーにも好影響を与えることは間違いないだろう。
更に言ってしまえば、この時に各ブッシュ類を全て点検して、交換をしてしまった方がよい場合も多いことだと思う。
この時に、ものはついでと言う言葉がある通りに“アライメント調整”もしてしまえば、ほぼ完ぺきかもしれない。
こうして、ブッシュ類を交換してアライメントを正しい状態に戻したたサスは、新車の時の決して鋭すぎず、かつ鈍さを感じさせない大人の反応を取りかえすことができるのだ。

スポンサーリンク

だがしかしなのだが、サスはフロントだけではない。リアにもサスは存在するわけだし、フロントをリフレッシュしたら相対的に、リアのヘタりを感じないわけにはいかないだろう。
従って、フロントのヘタりを感じたら、リアもヘタッっている場合が多い事を考えた方がよい。
いずれにしろ、サス周辺のブッシュ類はある程度の距離を走ったら、それなりにヘタって来るものだという認識を持つべきであって、このさい、一気に点検・交換と言うことをお勧めする。
リアサスの場合、車の方向に関するコントロールを受け持つことは少なく、比較的そのヤレについての認識度は低くなりがちだ。
しかし、たとえ峠レベルでも攻めた場合には、そのヤレを認識しないわけにはいかなくなる事が多い。
でも、この時にはすでに相当ヤレていることが多い。
何度も入庫して、時間を取られるよりも、思いきって一度の入庫で済ませた方が精神的衛生上も良いだろう。

このように、サスに関するメンテを確実にやることによって、このS-3はそのフィールを充分に保てることになる。
すなわち、S-3のパフォーマンスの肝とも言うべき部分は、サスとその周辺にあるとも言えるのだからだ。S-3に限らず、ドイツの高性能車はだいたいにおいて、サスのヘタリが車全体をヘタらせたように感じさせてしまう傾向があるのだが、こんな細かい事で充分にその回復が図れる事も凄いのだ。
ひとえに高剛性ボディーと、それに起因することなのだが、この事を充分に承知して足周りのメンテには気を配っていただきたい。

他には、やはり液体関係のメンテは必須であり、定格出力に優れたエンジンはそれなりにオイルに激しい負担を与えている。これをメーカー推奨のスパンで交換していくことに、大きな疑問を感じざるを得ない。
ここは、このS-3が健康で健やかに走るためには、早目の交換をお勧めしたい。
このようなエンジンは正直なもので、オイルを交換した後のフィールはかなり違うので、このフィールを信じた方がかなり効果的にエンジンを守ってくれると考えたい。
他のギアオイルなども同じように考えていた方が、何かとあとくされはないと感がた方がよいし、なによりドライブフィールが違うのだから、本当に早目の交換をお勧めしたい。
通常の車達よりも、このような車達は、遥かにオイルに依存する傾向が強いために、交換後のフィールの違いも大きいと言えるのだろう。
同じようにLLCやブレーキフルード、MT車の場合にはクラッチフルードにも気を配っていただければ、S-3は老いを最小限度に留めて、快適な走りをしてくれることになるはずだ。

もうひとつ、忘れたはいけない事は“ベルト類”の点検と、メンテだろう。
このベルトと言うものは、結構厄介であり、どれが切れてしまっても走行不能に陥るケースがほとんどだからだ。
いつも、と言うわけにはいかないのだろうが、1000Kmに一回程度はボンネットを開けて、ベルトの点検を行いたいものだ。
ひび割れや傷の有無の目視点検と、弛みなどの点検だけでも充分に定期点検までの役割を果たせると思う。
昔のベルトとちがい、現代のベルトはそう簡単には切れたり緩んだりはしないのだが、やはり自分でできることをやっておき、S-3とは納得のいく付き合い方をしたいものだと思う。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加