RX-8のカスタム

この車は惜しくも2012年6月に生産終了をむかえてしまったのだが、非常に面白い車だった。
全世界でただ一機種“ロータリーエンジン”を搭載している車として、その存在価値は高かったと言わざるを得ない。
これまでマツダは、このロータリーエンジンを搭載したクルマを意地とも言える企業姿勢で、逆境に耐えてリリースし続けてきたのだが、ついにここに終焉をむかえざるをえなかった。
こののエンジンを搭載した車の歴史や、ロータリーエンジンについての事を述べると、非常に長くなるので割愛させていただくことにする。
なにか機会があれば、詳細に述べていきたいほど興味深いエンジンであるし、車達でもあるのだ。

スポンサーリンク

それはそれとしてRX7の長い歴史に終止符を打ち、後継者車種として誕生したのがこのRX-8だった。
発売当初は、マスコミ各社からの評判はあまりよくなかったようだ。なんでスポーツカーに4DRが必要なんだ、と言うことであるとか、ようするに中途半端としか言いようがないという評価だったようだった。
しかし、そのコンセプトはともかく、実力的にはかなり進化していた事をあまり記事にしなかった事はなぜなのか、未だに不思議に思える。
実際にパワーユニットはターボを廃したために、7のような爆発力はなくなったのだが、8はその分伸びやかでスムーズに吹け上がり、本来のロータリー車らしさを取り戻したと言ってもよいぐらいに、ドライバビリティーに優れたエンジンになっている事を、あまり紹介した記事にお目二課かた記憶がない。
また、この8は数字が示すように7を超えている部分がかなり多いと言える。
4人乗れるかどうかの問題ではなく、峠レベルでは本当に速いのだ。サーキットに持ちこむと、リアの挙動に一抹の不安があち、限界点が見えてくる事は確かだ。
しかし、ターンインの段階で、ノーズがドライバーの意志にほぼ完ぺきにインをむっくことができる数少ない車であることは、高く評価してもよいと思う。その後も、リアが破綻を起こさずに追随してくる安心感は大きい。特に、低・中速コーナーでは、本当に速いと思える車だ。

しかし、やはりサーキットレベルの走りになると、フロントとリアのバランスのとり方や、ボディー剛性等に不満が出てくる事は確かなのだし、ブレーキもかなりいい感じなのだが、今ひとつ頼りなく感じてしまう事もある。更にはエンジンの伸びにも、今ひとつという感覚は拭えなくなる。
ようは贅沢な要求なのかもしれない。
この部分をテーマにして、カスタマイズ(と言うよりはチューニングに近い)をしていきたいと思う。
テーマとしては、街乗りでありながらサーキットでも速い車と言うことにしたい。

初めにサスとボディーの補強を行いたい。
RX-8のチューナーは、数社ある。それぞれに歴史のある活動を続けているので、どこを選ぶかは好みの問題にもなるが、それぞれの主張があるし、レース活動の経緯もあるので、ここではどこがいいと言う事は避けたい。
しかし、街乗りとサーキットを両立させたい。12段階にセッティングを変える事の出来るものから、そんな機構は持たないが街乗りとサーキット走行の両方を、高いレベルで満足させてくれるものもあるの。私だったら、後者を選びたいところだ。
12段階にセッティングが出来るとは言っても、使う範囲は限られているだろうし、いちいいちダイヤルを回したりすることに抵抗があるからだ。

この段階で、補強をやることが必要だ。作業行程から言っても、ここでやる方がよい。
この車、以外に剛性が低いとは言わないのだが、そんなに高いとも言えない部分がある。特にリアにその傾向が多いかもしれない。
補強については、各社ともあまり変わった手法はないが、その分信頼性も高いと言えるだろう。
これをやると、ただでもノーズの反応が良いこの車が、また違った車に思えるほど感覚的に優れた車になるし、ハードブレーキング時のスタビリティーは劇的に上がる。
また、ステアリングの中央不感帯も小さくなったようにも思えるのだから、先ずはやってみる価値は高いだろう。

そしてブレーキだがこの車のブレーキ、実はそう悪くはないのだ。
しかし、何となくもうすこしストロークが欲しいような気がすることと、もう少しの剛性感が欲しいとも思う。
ストロークについてはあまり期待は出来ないのだが、剛性感と相対的な制動力アップは充分に改善できるのでやっておきたい。
フロントキャリパーを6ポッドに、リアを4ポッドに変更して、パッドも耐フェード性の高いものに替える。ブレーキホースを高剛性のものに替えて、Bフルードを沸点の高いものに替えて、マスターシリンダーのを変えれば、ブレーキはかなりランクアップしたことになるので、峠でもサーキットでも安心して連続ハードブレーキングが出来る。

スポンサーリンク

そして、エンジンだ。
様々あるが、吸・排気とロムの書き換えをすることにしておきたいと思う。
ローターリーのチューニングは、結構幅があるようなのだが、実はそうでもないようだ。部品点数が少ないから、あたりまえなのかもしれない。
しかし、吸・排気をトータルでやり、ロムを書き換えると、違うエンジンになったように体感できる度合いは、何となく普通のエンジンよりも大きいような気がする。
特にターボがない分だけ、回転数に対してリニアにパワーとトルクが増えていく感覚は、本当に面白い。

こうして出来た車は、サーキットでも峠でもかなり速い。
特に峠のように高速コーナーが殆どないシーンでは、本当に速い。
サーキットでも、直線こそ速くはないのだが、低・中速コーナーでの速さは秀逸だと言える。路面を鷲掴みする走り方をする4WDのマシーンは、とにかく飛び込んで路面を掴み、がむしゃらに立ち上がりで稼ぐ走り方だが、この車は古典的とも言える綺麗な走りで、コーナリングスピード自体を取れば4WDには負けていないし、むしろ速い局面も多々あるから凄い。
こんなに楽しい車もあったんだなと、今更感じる事が出来る車になったと言える。


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加