アクセラセダンのドレスアップ

アクセラは2003年6月にCセグメントを市場ターゲットにしてリリースされた、マツダの世界戦略車だ。このCセグメント市場はVWゴルフなど、世界中の強豪がひしめいている苛烈な市場になっていて、事実上ファミリアの後継車種としてのアクセラには、少々きついかなという感じはあったようだ。

この書だいアクセラは、5DRハッチバックの“スポーツ”と、このセダンの2機種がラインナップされていて、これは現行の2代目になっても変わってはいない。
フォードフォーカスやボルボS40 ・V50 と共通のプラットフォームを持つアクセラは、それなりにボディーサイズもファミリアよりも大きくなっていて、居住性に対する
貢献度はかなりあったようだった。

また、スポットの増し打ちやサスペンションマウント部分の強化など、かなりボディー剛性には気を配ったつくりになっていたと言う。
また、デザイン的にも割合にヨーロッパ市場を睨んだ仕上がりになっていて、走りとデザインの両面で思惑どおりに人気を得ることができたようだ。
その結果が、2004年の“ヨーロッパカーオブザイヤー”の授賞に結びついたのだろう。確かに、ほかのCセグメントの日本車に比べると、割合に見られるデザインになっていたようで、アフターセールスマーケットのパーツ市場も賑やかな様相を呈していた。

走りと言えばスポーツには“マツダスピード”が手掛けたバージョンがあって、ボディー剛性の強化・スポーツサスペンション・エアロパーツ・ターボ搭載などのかなりハードなカスタマイズをされた仕様があった。スバルで言う“STI”バージョンやミツビシの“ラリーアート”のような位置づけになっているようだった。

STIにしてもラリーアートにしても、素性の良くない車に手はつけないようなので、マツダスピードもその点については変わることはないのだろうと思われる。
したがって、このアクセラと言う車の素性はかなり良いのだろうと思う。

そんな初代も、2009年5月には現行の2代目にその座を明け渡した。2代目はキープコンセプトなのだろうが、プラットフォームまで変更がなかったために、外寸も重量もほとんど初代と変わらず、全長4,580mm、全幅1,755mm、全高1,465~1,505mm、重量1,230~1,410kgと言う数値に落ち着いている。

ボディーのデザインも初代のイメージに近い、と言うよりもフォルムは重ねて見てもあまり変わらないと言う感じがする。したがって、そう悪いデザイン処理ではないことは確かなのだ。

しかし、やはりそこは日本の量産車であり、マツダの世界戦略車のポジションにいる車なので、“好かれるよりも嫌われない”ことを大切にしている様子がみえる。
と言うことは、何かを“主張”することであるとか、“個性”を求めることとは真逆の方向を向いていることになるので、車好きのファンにはちょっと物足りないだろう。

こうなると、やはりここはひとつエアロキットに頼ることになるわけだ。そこでパーツの種類を調べると、結構な数のラインナップがあってこの車の人気度を少し象徴しているのかなと思えた。

スポンサーリンク

ラインナップの数が多いと言うことは、それだけイメージも多くなっていると言うことを示しているので、自分がどのようなイメージを求めているのかと言うことを、あらかじめしっかりときめておかないといけないことになる。

2代目にもマツダスピードモデルがあるから、それを参考にすることも一つの手には違いないだろう。マツダスピードモデルは、さすがにメーカー直系だけあって、よくまとまっている。生産車段階からこのぐらいの個性を出してしまうと、やはり売りづらいのかなとは思うのだが、できれば生産車からこのイメージが欲しかったなと思うのは、少数派なのだろう。

希望するイメージに近いものを決めたら、次は取扱ショップをいくつかピックアップして、実際に訪ねてみるべきだろう。
扱っているパーツのクオリティーを見ることは、もちろん大切だし欠かせない条件なのだが、こういったショップとは良好な人間関係を構築しておくことを、本当にお勧めしたい。良好な人間関係を構築できれば、今後のカーライフには本当にいい条件が生まれることになる。

自分の車に何かをしたいときに、一番に相談できる相手が存在することは本当に心強いし、頼れる存在になるからだ。やはり、何をどうしていいのかなと思うことは少なからず出てくるものなので、素直に頼れるところは確保しておくことは、本当に大切なことだと思う。
そんなことはディーラーがあれば、と思うかもしれないのだが、ディーラーにとって改造車に乗る客は上客とは言い難い部分を持っているので、改造車に乗る覚悟を決めた場合は、頼るところはショップになることを理解しておいた方が良いと思う。

とにかく、オリジナルのパーツを外してほかのパーツを組んだ段階から、その部位に対するメーカー保証はなくなることが一般的なで、頼りになるのはショップと言う事になるのだ。

話はそれてしまったが、エアロを組み込むとかなりいいイメージになるのだが、何となく足元のイメージが貧弱に見えてしまう。
そこで一般的な手法として、インチアップホイールに扁平率を示す数字が小さい、厚みの少ないタイヤを履かせて、締まったイメージの足もとにしたい。
ホイールの外周に3mm程度の幅で一周、赤やイエローの線を入れてみることも、なかなかオシャレな感じになっていいと思う。色は、ボディーカラーに合わせて決めるといいだろう。

そして、大きくなったホイールの開口部から覗くキャリパーも、このホイールの外周カラーと同色にペイントしてみることも、ぐっと引き締まる感じになるから、お勧めしたいことだ。あとはローターをスリット入りなどの、ちょっと迫力のあるものに交換すると、停車時にも主張をできることになる。

あとはインテリアなのだが、やはりカスタマイズとドレスアップで主張をしたのなら、シートはバケットタイプに交換をしておきたいところになる。
最近はレカロ一辺倒でなくとも、かなり選択肢は増えているので、こういったことも予算その他をショップのかたとよく相談をして決めればいいと思う。

最後にペダルだが、ダイキャストなどのように強度のあるしっかりした素材で、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換しておけば、実効性にも優れたドレスアップになる。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加