ギャランフォルティスラリアートのメンテナンス

この車は、特別な新機軸・新機構を取り入れて作られているわけではないので、かなり信頼性は高いと言える。
その分、極端に神経質になる必要はないだろうと思う。

スポンサーリンク

エンジンオイル

メンテナンスの肝は、ターボ車と言う事もあり、やはりエンジンオイルになると思う。
ターボの発生する熱は相当オイルに負担をかけているので、劣化も速いため、NAよりは頻繁に交換をしたいものだ。
出来れば3000Kmで交換をしたいところだ。エレメントもオイル交換2回に対して1回が望ましいところなのだが、最低でも3回に1回は厳守していただきたい。つまり、約1万Kmに1回が最低限度と言うことになる。
ターボの熱で痛んだオイルは、とにかく痛んでいるので、エレメントの負担も大きくなるから、こまめな交換が望ましいのだ。

他のオイル

他にはやはり、全液体のメンテは必要になる。ミッションオイルはMTの場合、エンジンオイル2回に対して1回、ATの場合は15000Kmで1回程度の交換サイクルが望ましい。
他にLLCの濁りや減りはいつも目視して、変化があった場合は点検に入れた方が良い。濁り=オイル混入=シールド不良・ブロックにクラック。減り=漏れ・ブロックにクラック、等の疑いがあるから、即点検に言えた方が良い。
Bフルードも同様に、減り=漏れ・パッドの摩耗、濁り=水分の混入=沸点の低下=ベーパーロック=クラッシュ、と言う図式になるから要注意だ。

また、ベルトの目視点検とテンションを確認する引っ張り点検も忘れてはいけない。どのベルトが切れても、結構致命的なダメージを負うことになるし、自走不能に陥るケースも多々あるから、要注意なのだ。
目視で、傷や罅を見つけたら即交換だし、テンションが低い場合にも、即点検と修理が必要だ。
ベルトの怖さを知らない方が結構いるようだが、本当に怖いパーツなのだ。

ラジエーターホース

他にもラジエーターホースなども怖いものだ。圧力と高熱の両方がかかるので、この車に限らず要注意だ。古いホースなどは、破けるケースもあると言う。
目視の方法としては、エンジンが運転温度になってからホースをみて、蛇が卵を飲んで膨れたような部分があれば、即刻交換をした方が良い。
最近のものは、殆どそんなケースもないようだが、全くゼロではあり得ないとも思えるので、やっておいた方が良いだろう。

ダストブーツ

そして、ダストブーツの破れには要注意だ。
インプやレガシィほどではないのだろうが、ランエボでもちらほらとダストブーツの破れを聞いた事がある。これが破れて、グリースが流れてしまうと潤滑不良を引き起こすから、目視による点検は重要だ。
つう車位置の下に、オイルの滴下痕を目視で探して点検をすることになるので、車を止める位置を正確に同じ条件にしておくことが重要だし、車の前後の向きもいっていにしないと、滴下痕がどこからなのか判らなくなってしまうので、要注意だ。

これはメンテナンスとはあまり関係はないのだが、この車も高性能な4WDシステムを持つために、ほぼ全天候性といってもよい走破性を持っている。
この事は、雪道でも走ってしまうと言うことにつながるのだ。
確かに少々の雪ならば、夏タイヤを履いたままでも急激な操作さえしなければ、結構走ってしまうからややこしくなる。インプやレガシィもそうなのだが、この走破性の高さが時には怖い思いをさせられる原因にもなりかねないのだ。
とにかく走るし、曲がってしまうのだ。良く出来た4WDシステムのおかげで、トルクは4本のタイヤに上手い具合に配分をされるので、多少の事にはへこたれずにタイヤは路面を掴んでしまうから、とにかく走るし曲がるのだ。
乗っている本人は、走るし、曲がるので、何となく雪道だという意識がなくなってしまう結果になる。
そうなると、止まることに関してもあたりまえのように止まってくれるものだと、勝手に思い込んでいるから怖い。

体験エピソード

実は、私自身がこれで怖い想いをした事があるのだ。
雪の中をレガシィで出かけ(もちろん夏タイヤのままで)、幹線道路にでた。かなり降り続いた雪のため、東京の街はすっかり白くなっていた。
そのため、交通量も殆どなく、かなり空いていた。
順調に走ってしまう我がレガシィは、とても雪道を走っているとは思えないほど安定している。かなり前に赤信号で停止している車が見えた。この時点からスロットルを離して、ゆっくりとブレーキングに移っていれば問題はなかったのだが、安定して走るため、そんな意識は全くなかったように思う。
それでも、通常の3倍程度の距離を取ってブレーキングを開始したのだが、ABSが簡単に働きだして、制動距離は延びる一方だ。
だんだんと、前の車が近づいてくる。感覚的には絶対にぶつかると思い、右車線に移ろうと思ったら、タイヤチェーンの音も高らかに大型トラックが後方からくるではないか。
もう逃げ場はないのだ。仕方なく、私はクラクションを断続的に鳴らして、前方に停車している車に動いてくれと(交差している青信号側からは全く車が来ないので)合図をしたが、一向に気づいてくれない。もうあと、5~6mしかないがレガシィが完全停止するまだまだ距離が必要だ。シフトダウンを繰り返してはいるが効果はない。
相手のドライバーがルームミラーで私を確認した事が判った。相手の車のルームミラーに、そのドライバーの目が映っていて、私と目が合ったからだ。私は、必死で動けと手で合図を送ったが、相手は目の前の信号と私を交互に見るだけで、動く気配はない。
もう駄目だと思った瞬間に、相手の車はスタートしていった。信号が青に変わったからだった。

こうして運よく事無きを得たのだが、相手の方にぶつけることがなくて本当に良かったと、今でも思いだすとぞっとする。
これがスタッドレスを履いた、アイスバーンだったら速度はもっと出ていたと思う。その結果、止まるのはタイヤのグリップ力のみになるので、とても止まり切れないだろうと思う。
それほど高性能4WDの走破力は高いので、タイヤが路面についていれば走ってしまうのだが、止まれない事もあると言うことだ。
そんな状況にならないように、充分気をつけて運転をしたいものだ。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加