ノートのドレスアップ

2012年9月に現行の2代目のノートは市場に送り込まれてきた。この車は先代の“E-11型”ノートや、“C-11型”ティーダの後継車種としての役割をもっている。

軽量化を主目的にして、この2代目からはプラットフォームを先代の“ニッサンBプラットフォーム”から、一回り下のクラスである“ニッサンV型プラットフォーム”に変更をされている。このV型は、K-13型のマーチなどと同じプラットフォームで、これを採用した結果、約70Kgの軽量化を達成できたというのだから、すごいことだ。

軽量化は他にも見直し部分が様々とあって、すべては時代の要求に則って“エコ”を達成することに注力がされているのだろう。
その一例としては、Aピラーを100㎜前方に移動させることによって、空力面で大きな成果を上げている。

その結果としては、“S DIG-S”以外のCD値は0.30を達成し、“S DIG-S”のCD値は0.29という極めて良好な数値を達成することに成功しているのだ。これは、長距離高速巡航時には、かなり好影響が期待できるから、かなり“エコ対策”になっていると言えるのだろう。

またエンジンなども3気筒を採用して、アトキンソンサイクルエンジンにイートン・コーポレーション製のスーパーチャージャーをつけた、HR12DDR型などはベースになっている、NAであるHR12DE型よりも燃費がいいとされている。すべてはエコのためなのだろう。

そしてこの2代目ノートの外寸なのだが、全長4,100mm、全幅1,695mm、全高1,525mm (FF)~1,535mm (4WD)、重量1,030~1,110kと言う数値になっている。同クラスのハッチバックモデルと、あまり変わらないサイズなのだが4WDモデルも含めて、まあ割合に軽い方かなと言う感じはする。

ドレスアップで注目しなければいけないのは、ストックの状態でのメカニカルな部分ではなく、どちらかと言えばその車自体が持っている“デザイン性”に、一番注目をしたいところなのだ。

スポンサーリンク

2代目ノートの“インビテーションモデル”の画像を見ることができたのだが、なぜあのまま製品化しなかったのかなと、ちょっと残念に思えるぐらい、結構迫力のあるデザイン性豊かな車なのだ。しかし、残念なことに市販モデルは、リア周りなどが微妙にと言うよりは、はっきりと省力化をしたことが見て取れる。

ニッサンに限らずなのだろうが、こう言ったデモンストレーションを目的にした、市販車に近いショーモデルは格好いいけれど、実際の市販車はいまいちパッとしないことが、かなり多いような気がする。

この2代目ノートもそうで、あのインビテーションモデルを見なければ、そこそこいい感じなのかも知れないが、あれを見てしまったら、もうちょっとグラマラスでシャープなイメージが欲しくなると思うことは、仕方のないことなのかもしれない。

そこで、イメージアップや、イメージチェンジの“王道”である、エアロパーツの状況を探ってみると、発売後あまり時間が経過していない割には、そこそこの製品がラインナップをされていることが判る。

メーカーごとに、追及をするイメージが違うこともあって様々なイメージに仕上がるので、ここではまず画像のチェックから初めて、自分でどのようなイメージにしたいのか、と言うことを確定しなくてはならない。

そのためにはまずは“資料集め”から始めるとになるのだが、どうやってそれを集めるのかという問題になる。一番簡単なのは、やはりネットで検索をすることなのだが、メーカーのホームページなど中心的になるので、その手の画像の役割は、“販売促進”イコール広告宣伝にある。

と言うことは、ほとんどが“ベストアングル”での画像が多いと思った方がよい。特にド迫力のローアングルショットなどは、“普段はこの角度から車を見ないし、見せない”、というものもあるので、実写とイメージの乖離はある程度避けられそうもないかもしれない。

そこで、自走車雑誌のバックナンバーで、2代目ノートのエアロ特集などを扱ったものがあれば、それを入手してチェックすることをお勧めしたいと思う。

自動車雑誌のそう言った記事は、取材記事が多いので、必ずしもベストアングルばかりを扱うことはない。つまり、実写とのイメージの乖離は、ずっと少なくなるということなのだ。ただ、どんな世界にでもセオリーから外れたことはあって、“ペイドパブリシティー”と言われる、メーカーが雑誌社に料金を支払って、取材形式のいわゆる“お手盛り記事”をつくってもらうケースもあるので、見分けは難しいかもしれない。

いずれにしても、バックナンバーは出版社に直接問い合わせれば簡単に確認が取れるので、あれば有償にはなるが送付してくれるケースがほとんどだ。一度、問い合わせをしてみてらいかがだろうか。

こうしてメーカーの候補が決まると、今度は取扱をしているショップを探すことになるが、それこそネットで充分以上の情報は得られる。

ショップの候補も決まったら、実際に出向いて行ってスタッフさんたちとコミニュケーションを取ってみてはいかがだろう。いい関係が作れれば、あとあと心強い相談相手になってくれることは間違いない。エアロだけではなく、新しいエンジンチューンのパーツが出ると、優先的に評価情報をくれたりなど、本当に心強い味方になってくれるはずだ。

そして、ショップでやっていただきないのは現車チェックだ。これは3つのチェック一度にできるという、非常に便利なもので、ひとつはパーツ自体のクォリティーチェックで、ひとつは取り付けの技術、最後が一番大事かもしれない、画像とのイメージの乖離を見ることができるのだ。ぜひ、何らかの形でチェックをしてみていただきたいと思う。

次にやるべきことは、やはりタイヤとホールになるのだが、常套手段としてインチアップホイールに、扁平率を示す数字の値が小さく、厚みの少ないタイヤをセットして履かせたい。これも、イメージと予算を伝えると、スタッフさんが候補を挙げてくれるので、その中から選べば失敗をすることもない。

そして、ホールの外周に3㎜程度の幅で、カラーリングをしてみてはどうだろうか。ボディーカラーとコーディネートさせたり、ダークレッドやマスタードイエローなどにしてみてもいいと思う。

あとは開口部から見えるキャリパーナのだが、カスタマイズの段階で交換してあれば、ブランドカラーになっているはずだからいいが、そうではない場合には赤や黄色などにカラーリングをしてみてはどうだろう。そのうえで、ローターをスリット入りのものなどに交換すると、かなり迫力のある主張が可能になると思う。

最後にインテリアなのだが、ちょっとプアーなイメージのシートを、スポーツタイプのバットシートに交換すると、ファッション性と実効性の両面からいいことばかりになる。予算とイメージを伝えて、候補を挙げてもらい、その中から選ぶと失敗はほとんどしないで済む。それから、シートベルトをスポーティーなものにかえると、これはかなりイメージアップになる。

あとはしっかりした強度を持った素材でできた、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換しておくと、かなりいい感じに仕上がるので、一考してみてはいかがだろう。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加