ミッションオイルのメンテナンス

ミッションとは

ミッションとは一般的に変速機の事を指す。レースの世界では「ギアボックス」という表現を使うこともあるようだ。

スポンサーリンク

2種類のミッション

ミッションは多くの方がご存じなのではないでしょうか。大きく分類すると二種類です。いわゆるマニュアルとオートマです。

名前くらいであれば多くの方がご存じかと思いますが、簡単に言えばマニュアルな主導、オートマは自動という事になります。マニュアルの自動車はあれこれ忙しい事になりますが、それは自分自身で変速機を変えるからです。

それぞれ構造が異なりますので問題も微妙な違いはありますが、ギア同士が摺動するという事に関しては同じです。

トランスミッションの役割

マニュアルであれオートマであれ役割は同じです。手動か自動かと言う方法の違いであって、エンジンの出力を活軸へ伝達するためのものなのです。

アメリカ英語とイギリス英語は微妙に違いがありますが、基本的にはギアの組み合わせで回転速度とトルクの変換を行い、自動車を状況に合わせて、あるいはドライバーの意思に合わせて運転するためのものです。

これらを複数のギアの組み合わせによって実現するのです。

ATの機構

オートマは「AT」と略されますが、オートマの場合トルクコンバーターが主流です。原理としては扇風機を向い合せたように置き、片方を回すともう片方には風が当たりますのでそのエネルギーで回転します。

これをコンピューターで制御する事により、ドライバーの意思に近いコントロールが可能となっているため、走行感覚での違和感は少ないものです。

また、近年低燃費車では主流となりつつあるCVTですが、こちらは無段変速トランスミッションです。
 

MTの機構

マニュアルは「MT」と略されていますが、ロッドやワイヤー、シフトレバーを通じてギアとギアの組み合わせを決めて動力を得る事になります。

近年はマニュアルの自動車が少数派となってしまっていますし、マニュアルではあるものの「DCT」と呼ばれるクラッチ操作不要な物も登場しています。相対しているクラッチを操作する事でどちらかのギアに瞬時に変更する事画出来るものです。これは技術の推移とさえ言われているほど素晴らしいものです。

ミッションには全てギアが介在する

これらのミッションにはすべてギアがあります。ギアとギアがかみ合う事で動力を出すのです。自転車を連想すると分かりやすいはずです。

つまりはこちらにも摺動部分が存在する事になりますので、当然そこには潤滑がありますので、オイルが必要になってくるのです。ですがエンジンオイルほどの過酷さはありませんが、それでも性能の悪いオイルでも良いかというとそれもまた違う話なのです。

ミッションオイルに求められる性能

ミッションオイルに求められているのは極圧性能、そしてせん断性能になります。何せギアが回転する事で自動車は動きますので、ギアとギアによってせん断された油膜を回復するためにせん断性能はとても大切になってくるのはいうまでもありません。

ミッション内部に関してはエンジン程の高熱を発生させる訳ではありませんし、汚れを回収・拡散する事もありませんからエンジンオイルほどシビアではありません。

ですからメーカー指定のオイルを使っている限りにおいてはトラブルに発展する事はほとんどない。マニュアルの場合は特にだ。

だがオートマの場合、少しデリケートな部分もある、シフトの反応に乱れや遅れが出ているなと感じた時にはオイルが切れている可能性がある。このような場合、オイルの交換時期と言えるだろう。出来る限り早めの交換を意識すべきだ。

ミッションオイルの紹介

価格10575円

価格3395円


スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加