デフオイルのメンテナンス

ディファレンシャルギアとは?

デフオイルの前に、まずは「デフ」の事を知っておかなければならない。デフとは「ディファレンシャルギア」の略で、日本語で表すと「差動装置」とでも言うべきものだろう。

車というのはハンドルを左右どちらかに着れば車は円を描くように走る。その際、外側のタイヤと内側のタイヤとでは距離が異なる。いわゆる内輪差は改めて説明するような事ではないのだが、エンジンからは同じエネルギーが出ている。

つまり、それらを内輪と外輪にうまく配分する役割をになっているのがディファレンシャルギアだ。より良い走行性能はデフにかかっていると言っても良いのだ。

エンジンからの力を上手く配分する事になるとても大切な部分でもある。

スポンサーリンク

デフは駆動輪一対に対して一つ必要

デフの数は前輪駆動の場合は前に、後輪駆動の場合には後ろに一つある。四駆の場合は前後にひとつずつ、さらにはセンターに一つの計3つとなっている。

デフの仕組み

では実際にデフがどのような形で動いているのか。

デフは動力を受け取る「リングギア」と左右のアクセルに直結しているサイドギア、そしてその二つをつなぐピニオンギア。それらを収めるフレームで構成されている。

リングギアを固定してサイドギアの片方だけを回転させると反対側のサイドギアは逆回転する事になる、つまり、片方の車輪を固定してリングギアを回転させると反対側の車輪は固定した車輪が、本来回りたかった速度の倍の速度になる。

だが実際に走行している際には回転差は無段階になるため、左右両輪の回転数の平均値はリングギアの回転と等しくなり、結果、直線・カーブを問わず、タイヤは常に滑らかに路面をつかんで走る事が可能になる。

一つでもタイヤが空転すると動力を伝えられない

だが若干の不都合があるにしても溝等に脱輪させてしまった場合、脱輪したタイヤのみが空転し、路面に残っているタイヤには動力が伝わらない事もある。

このために「デフロック」というシステムが考案されたのです。

デフロック機構

何らかの方法によって側面ギアの回転を制御したり、あるいはそれに近い状態でタイヤを空転させてしまう状態を強制的に制御し、泥地等での走破性を確保する事がデフロック機構だ。

デフロックは溶接で完全に固定してしまう方法もあれば、遠心力を利用してドグクラッチで固定するといった方法もあるが、ハンドリングにはあまり良い影響がなかったのも事実。
そこで生まれたのが「LSD」だ。

LSD

LSDとは「limited slip differential」の略称で、限定的に差動を制限。それにより、側面ギアの回転を限定的に制限して無負荷、あるいはそれに近い条件のタイヤの空転を出来る限り防ぐ事が出来るようになる。これは、言い換えれば悪路での走行性確保という事になる。

通常はデフとして機能しているものの、一方のタイヤにのみ無負荷状態が発生した際にはLSDが働く。この機能はモータスポーツの世界では必須となっているのだ。コーナリングの際、インサイドの駆動輪が浮き気味になる事は珍しくないが、その際、LSDが働くのだ。

LSDはトルク感応タイプと回転感応タイプに分類する事が出来る。

デフもオイルで潤滑されている

このように、デフはミッションと同じようにケースに収まっているのだが、こちらもオイルで潤滑されている。

潤滑方法もミッション同様ギアが回転している時に霧状になってオイルを撒き散らし、摺動部分を潤滑してくれている。

デフオイル

デフオイルは基本的にはギアオイルの一種と考えて良いだろう。そのためミッションオイルに近い存在と言える。

だがミッションオイルよりは使用環境が厳しく、極圧性に関しては重要なものとなってくる。ハイポイドギアオイル必要とされているのはそのためだ。

デフオイルの品質分類

ギアオイルにはGL-1から6までの分類がある。マニュアルであれば-3レベルでも良いのだが、-5を使っていればまずは安心と言えるだろう。

微妙にケチって-4を使っていたらギアの状態があまりよくなく、妙な異音が発生するようになってしまったという声もある。

ディーラーに見せたら「ギアの摩耗」との事。このようなケースもあるため、ギアオイルもある程度は気を使いたい所だ。

防酸化性や消泡性、防錆性等にも気を使うべきだろう。酸化してしまうと潤滑性が落ちるのは言うまでもない。泡があると油膜切れを起こしてしまう。

LSDオイル

オイルにとってより過酷であるLSDの場合、メーカー指定の物を入れるべきだろう。特にロッキングファクターの高いLSDの場合、メーカー指定には従うべきだろう。

交換時期に関してもメーカー指定よりもやや早め程度で交換した方が無難だ。

オイルがヘタってくるとLSDが機能した際に異音を発生させてしまう事もある。自動車の影響はもちろんだが、精神衛生上好ましいものではない。

オイル交換を行ったものの、そのような音が出るようでればメーカーに問い合わせるべきだろう。

デフオイルの紹介

価格5600円

価格500円


スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加