BRZのドレスアップ

2012年3月にBRZは、トヨタ86とともに市場殴り込みをかけてきた。なぜ、殴り込みかといえば、ここ最近で“スポーツ”を標榜する車は、皆無に近い状態だからだ。
既存の車を見ても、スポーツのジャンルに入れることができる車は数少ない。それもピュアスポーツという車は、マツダの“ロードスター”と、ニッサンの“フェアレディーZ”ぐらいしか見当たらないと思う。

それではとりあえずでもいいから“スポーツ”のジャンルに入れることができる車は、と思い数えてみるのだが、やはり少ないことに愕然とした。
それはインプレッサSTIヴァージョン・ミツビシランサーエボリューション等と数えても、何となく意味を感じなくなるほど少ないのだ。見渡し見ると、本当に寂しい限りだといっても全くもんだがない現状に、車好きとしてはゾッとする思いだ。

そう言えば、最近は“次はどの車に・・・”などと言う欲求がなくなってしまっている自分に気づき、なんでだろうと思っていたのはこのせいだったのだと、改めて気づいた次第だったのだ。
そんな車社会の現状に、一筋の光明を見つけることができるのは、このBRZの登場によるものだろう。

そんなBRZのスペックは、全長4240mm、全幅1775mm、全高1300mm、重量1190~1250kでパワーユニットはボクサー4 FA20型は、83,0mm×83,0mmのボア・ストローク比を持つ、いわゆるスクエアータイプのよく回るエンジンだ。最大パワーは200ph/7000rpm・20,9kg-m/6600rpmという、現代のエンジンとしては高回転型になるのだろう。
このエンジンには、トヨタの直噴のノウハウが取り入れられているので、言ってみればトヨタとスバルの共同開発と言う事ができる。
吸気はNAなので、リッターあたり100馬力はまあそこそこの数字かと言える。

スポンサーリンク

スタイリングは、今では死語になってしまった“ロンノーズ・ショートデッキ?”の典型を見る思いだ。やはり、スポーツカーはこれでなければと、何となく見ていて気持ちがよくなる思い切ったでデザイン処理がなされていることに、ホッとする思いだ。
最近では、このロングノーズ・ショートデッキ?は皆無になってしまい、全部とは言わないけれども“プリウス化”をしているように見えてしまうことは、気のせいなのだろうか。
ちなみにトヨタ86とのビジュアル上の差は、ヘッドランプ・フロントバンパー・フェンダー部のエンブレムによって付けられている。

全体的なフォルムとしては、フェアレディーZの小振りな感じがしないでもないが、まあ現代の車には見られないフォルムをしている。
この車、発売からそう時間が経って以内にもかかわらず、様々なアフターセールスマーケットの製品がラインナップされていることには驚いた。それゆえに、エアロキットについても選択肢は豊富で、なくて困ることは全くない。
メーケーによる主張の違いで、装着後のイメージは様々なのだが、いずれもシャープで機能美に溢れたイメージになることには、大きな違いはない。画像をチェックして、自分が求めるイメージを見つけて、いくつか候補を絞り、取り扱いをしているショップに出向いて現物チェックをすることをお奨めしたい。

必ず現物チェックをすることは必要で、取り付けの精度や、製品のクオリティーは現物でなければ全くといっていいほどわからないからだ。
できれば、実際の取り付け作業を見させてもらうことが、一番判り易いのだが、そこは無理にやってしまうとショップの人との感情的な問題になってしまうかもしれない。ショップの人の対応を見て、お願いしても大丈夫そうだったら見学をさせてもらうことにすればおおと思う。
この特の注意としては、決して作業をしている近くでの見学は厳禁だという事だ。最低でも5m程度の距離を取って、決して邪魔にならないように配慮することは言うまでもないことだ。
よく“俺は客だ”という態度で、作業中の人のそばまで行って、神経を使う仕事をしている人に軽口を叩いたり、質問を矢のように浴びせる人もいるが、そんなことは絶対にやらないでいただきたい。質問があれば、メモにしておいて、あとからまとめて聞けばいいと思う。

まあ、こうしてエアロが組みあがったら、次はタイヤとホイールになる。オリジナルの状態でも、かなりスポーティーなものがついているのだが、ここは一つ奮発をしてインチアップホイールに、扁平率を示す数字の小さい、厚みのないタイヤをセットして組み込んでみたいところだ。
そして、開口部の大きくなったホールから覗くキャリパーは、ブランドものに変えてあれば、ブランドカラーになっているのでそのままでもいいのだが、ボディーカラーとのコーディネートをしてみる事も面白いと思う。
ついてでに、ローターもスリットの入ったモノに交換すると、かなり迫力のある足回りに見える。

エクステリアは、一応終わったのだが、問題はインテリアになる。
この手のスポーツカーに欠かせないのは、やはりスポーツタイプのバケットシートだと言っても、決して過言ではない。
スバルの美点の一つには、シートの機能の良さがあるが、やはりバケットタイプのシートにな適わない。そこで、シートをバケットタイプに交換することをお奨めする。
また、ペダルを滑り止め機能の付いた、スポーツペダルに交換すると、かなりスパルタンな感じになる。
他にも、メーターをユニットで交換することもできるのだが、そこまでやるかどうかは、オーナーの判断になる。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加