レガシィB4のメンテナンス

この車、特別な新機構・新機軸が採用を特に採用しているわけではない。
4WDシステムにしても、すでに熟成された感のある機構をリファインしての搭載になっている。
パワートレイン全体を見渡しても、目新しい機構は存在してはいない。と言いう事は、信頼性の高いユニットで構成されていると言うことになるのだろう。

他の部分を見渡しても、これが新機構だからまだ耐久性・信頼性についてのデーターは、あまりないという部分は殆どないと言ってもいいだろうと思う。
せいぜい2.5LのSOHCエンジンには縦置きパワーユニットを搭載する量産4輪駆動車としては世界初のチェーン式のバリエーター(主変速機機構)を採用したCVT「リニアトロニック(6速マニュアルモード付)」を新たに設定した事が、目新しいところだとは言える。
しかし、CVT自体がスバルが初めて軽のVIVOに採用したものであって、スバル自身にとってはそう目新しいものでもないとは言える。

こうして見ると、世界的に見ても高性能なこの車なのだが、やたらに神経質になる必要性もないように思える。
同じ4WDで、世界的高性能車と言えるGTRではこうはいかず、やはり神経質にならざるを得ない部分はあるのだが、レガシィB4はこれに比べたらかなりズボラと言っても過言ではないぐらいに、楽なメンテナンスで乗れてしまうところが凄いのかもしれない。

スポンサーリンク

なにを対象にしてメンテナンスを考えていけばよいのか、ということになるのだが、ここはやはり液体関係とベルト関係に注意を払っておきたいところだ。
エンジンオイルはターボ搭載車であれば、出来れば5000Km以内を交換の目安にしていれば、長期にわたっての使用にも耐えてくれるだろう。
ターボの発生する熱がオイルに与える影響は、やはりNAに比べるとかなり大きい事は想像に難くないし、事実そのとおりなのだ。
エレメントもエンジンオイル交換2回に1回の交換サイクルを守っていけば、エンジンやターボユニットに対する保護能力を永く維持できることになる。

ギアーオイルは、1~2万Km毎の交換をしたいところだ。特に、ATでパドルシフトで積極的にシフトを行うようなドライビングスタイルの場合、ATモードにして、完全に自動変速で走るよりは、オイルにかかる負担は大きくなるので、交換サイクルはメーカー推奨などは無視して早目にした方が安全だ。
特に、峠を良く走るむきにはこれは守っていただきたい部分ではある。

峠と言えば、やはり駆動系統にかかるストレスは通常の街乗りよりも絶対値は高く、それなりにメンテナンスをしなくてはならない部分だとも言える。
駆動系統にある、ダストブーツ等は結構破れる事もあるので(私のインプは乗り方もわるのかもしれないが、破れる頻度は高かった)、要注意だろう。
破れてしまい、グリースが流れてしまって潤滑不良を引き起こせば、即走行不能になる事はないのだが、知らずに高速を巡航していたりすると悲劇が待っている事も事実だからだ。
これは、場所が場所だけに直接目視する訳にもいかないので、日ごろの点検のし方としては駐車位置にある“滴下オイル痕”を確認して、どの位置からの滴下痕なのかを判断するしか方法はないだろう。
これを見つけたら、即、点検・修理を依頼することができる手段としては最良の方法だと言える。

またBフルードの目視点検も大切で、濁り⇒水分の混入⇒沸点低下⇒ベーパーロックという図式が成立するので、峠の下りは怖い。また、減り⇒漏れ/パッドの消耗⇒制動能力の大幅な低下/制動不能に近い状態⇒事故、という図式が考えられるから怖い。
LLCにしても目視点検は重要で、濁り⇒オイルの混入⇒シールド不良⇒エンジントラブルの前兆が考えられ、減り⇒シールド不良/エンジンブロック等にクラック発生⇒エンジントラブル等が考えられるから、日ごろからの目視点検は大切だ。

ベルトに関しては、やはり目視点検による“傷”・“罅割れ”の発見と、引っ張ってみてのテンションを点検することが肝心だ。
どのベルトが切れても、即走行不能になったり、ベルトのスリップによる発電不足になったり、等など自走不能になるケースは満載されているから怖い。
こんなベルトが、と思ってしまいがちなのだが、大切な要素になる事は事実だ。
ある意味で、オイルが古くなっていても、即自走不能にはならないのだが、ベルトの場合には即自走不能になるケースは山ほどあるので、ご注意願いたいものだ。

そして、全部のB4ガスだと言うわけではないのだが、多分燃調のせいなのかどうか、プラグに関する不満が出るケースもあるようだ。
走ではなくとも、メーカーの言う交換時期は無視した方が良いので、少なくても1万Km毎の点検・清掃は必須だと思っていただきたいし、必要があればその時点での交換は実施するべきことだ。また点検・清掃で済んだにしろ、2万Km時での交換はある意味では必須だとも考えておいていただきたい。
少しでも、流れる電流を綺麗にと思うのであれば、ハイテンションコードを高性能・低抵抗なものに替えておくことも有効な手段にはなりえるので、試してみても良いと思う。
またプラグも、多電極のものを付けてみることも、面白いかもしれない。
良くプラグを変えたら、加速が良くなった等ということを言う人もいるが、それはプラグの状態がいかに悪かったのか、という事の証左なのかもしれないではないか。

こうして、常に車と向き合って、常に車の状態を把握しておけば大きなトラブルによる事故や、自走不能になる事、また多大な一時出費は限りなく防止できるのだから、メンテナンスは本当に重要な事だと思う。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加