ステラのエアロ

 スバル・ステラはダイハツ・ムーヴをOEM販売している車種。エアロパーツに関してはグレードによって標準装備されていたり、ディーラーオプションとして販売されている。ステラカスタムでは、数多く発売されているムーヴカスタムのものが利用可能である。

スポンサーリンク

 自分の車をドレスアップし、個性を発揮させようとする人は多く、実際に自動車のカスタマイズ市場は広がりを見せている。特に、車両本体価格や維持費の安い軽自動車では、カスタマイズするオーナーの増加傾向は、なおいっそう明らかに顕れる。そのベースとなる車も多岐にわたり、その中に、スバル・ステラも加わっている。ドレスアップの方法には、内装、外装など多大だが、外観のイメージを大きく変えることができるものは、第一にエアロパーツ。ステラのエアロパーツ事情は現在どのようになっているのだろうか?

 現行スバル・ステラは、ダイハツ・ムーヴをOEM販売しているもので、2011年に発売開始している。ムーヴには、様々な派生車種があるのだが、その中から、標準タイプのムーヴと、スポーティーバージョンのムーヴカスタムをスバルが販売しており、それらが、「ステラ」「ステラカスタム」となっている。スバルのカタログでは、ステラカスタムはステラのバリエーションのひとつそして扱われているようなので、ここでも同じように、同一車種として取り扱う。全長3395mm、全幅1475mm、ホイールベース2455mmはもちろん、ムーヴと同じで、全長と全幅に関しては、軽自動車であれば、どの車種でも変わりはない。全高が1620mmと、1635mmの2種類あるのは、ムーヴカスタム同様、「RS」というグレードに、ローダウンスプリングが標準装備されているからである。FFと4WDが用意されており、形式はFFが「LA100F」、4WDが「LA110F」と、ムーヴのOEMであることを物語っている。形式は、エアロパーツをはじめ、社外品パーツの適合や、純正部品の発注の際に必要な情報となるので、ぜひとも把握しておきたい。

 ステラのエアロパーツであるが、標準のステラではエアロパーツなし、ステラカスタムでは標準装備と、グレードにより異なっている。ステラカスタムでは、エアロバンパー、サイドアンダースポイラー、リアルーフスポイラーが標準装備されているので、新車でエアロパーツを装着した状態を望むなら、ステラカスタムを選択したい。更に、「RS」であれば、車高が15mm低いので、ワイド&ローの印象を強くすることができる。わずか15mmであるが、ドレスアップする際には、これが大きな違いとなって現れるのである。ちなみに、標準車のステラには、ディーラーオプションで、エアロパーツが用意されている。いわゆるエアロパーツ3点セットの、フロントバンパースカート、サイドアンダースカート、リアバンパースカートに加え、ルーフスポイラーが用意されており、新車購入時に取り付けることができる。念のために書くならば、これらのディーラーオプションは、ステラカスタムのは取り付けることができない。ボディーの形状が違うからである。

 このようにステラは、ディーラーで一通りのエアロパーツを揃えることができるが、更に個性的な車にしたいならば、他のメーカーのエアロパーツを探してみよう。ステラの場合、初代の「RN1」「RN2」型用エアロパーツも数多く販売されている。もちろん、現行のステラ用社外品エアロパーツも多いが、元の車種となったムーヴ、ムーヴカスタム用エアロパーツを利用することも可能である。ただし、登場が2011年と新しいため、現行モデル向けエアロパーツが充実するには、もう少し時間がかかるだろう。そして、標準のステラ、ムーヴに比べ、スポーティーなイメージを持つムーヴカスタム、ステラカスタムの方がエアロパーツの充実度が高いことは知っておいた方がよい。カスタマイズベース車の選択にも影響するのである。一般論として、ステラのようなOEM車は、ドレスアップに関して、そのベースとなっている車種よりも不利になる傾向がある。そこで、エクステリアのカスタマイズに精通したショップを探しておくことが大切である。技術力とノウハウを備えたショップに出会えれば、エアロパーツだけでなく、それ以降のドレスアップについても、満足できる可能性が高いのだ。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加