ソリオのドレスアップ

現行モデルの3代目スズキ「ソリオ」は、2010年12月に発売が開始された、同社の登録車ー普通自動車ーで、ジャンルとしてはトールワゴンに入る車で、いわゆる5人乗りのコンパクトハイトワゴンということになる。

初代と2代目ソリオは、「ワゴンR」をベースにしたため、プラットフォームに手を入れて使っていたが、この3代目ではスイフトをベースにしているので、乗ったときの感覚はスイフトに近いものがあるという。

スイフト譲りの軽量プラットフォームと1.2リッターエンジン、そして福変速機付きCVTは、ソリオに10・15モード燃費:22.5km/Lを達成させた。

スポンサーリンク

3代目ソリオのターゲットは軽自動車からのステップアップ組と、大きな車からのダウンサイジング組だという。つまり、スズキ自身のラインナップで言うと、軽のワゴンRやパレットなどの軽自動車と、ニッサンからのOEMで販売している「ランディー」のような、中型のミニバンの間を狙った車になる。

そのためなのか、リアドアをヒンジ式ではなく両サイドをスライドドアとして、ミニバン的な構造になっていることも、特徴的なことだろう。

しかし、走りではなかなかいい評価を得ることは難しく、特にパワートレーンの部分にその低評価が集中していた。走りだしの瞬間に、しっくりこないというものが多い。特に、福変速機付きのCVTにありがちな回転だけが上がってしまい、加速自体は何かモワ~っとしていて、音だけが先行する感じがいただけないという。

しかし、同じ機構のCVTを搭載しているスイフトは、もう少しいい感じなので、そのギャップの理由が30kg重い車重なのかどうかはわからない。同様に、同じ機構を持ったCVTを搭載するニッサン「マーチ」は、もっと活発に走るから、CVTの機構の話ではなさそうだ。しかし、危険を感じるほど遅い「パッソ」よりもいいとはいう。

デザイン的にはハイトワゴン特有の、短い鼻ーボンネットーの後ろに長々と居住区間があるので、シャープな感じなどはない。また、重厚感があるかと言われると、それもサイズがサイズなので、はっきり言ってない。「エルグランド」程度のサイズがあれば重厚感も出てくるのだが、やはりこのサイズではそうもいかないのだろう。

エアロパーツ選び

そこで、この車に存在感を与える手段としては、やはりその道の王道であるエアロパーツキットを装着することになる。そこで、どれぐらいの種類があるのかと思い、調べてみた。はっきり言って、マイナーに近い車なのだが、パーツ自体は選択肢に困るほどは、少なくない。

決して多くはないエアロキットなのだが、ひとつひとつのイメージはかなり違う。こういった、ワゴンタイプの車のイメージを変える肝は、ソリオに限らずフロントなのだろうか。フロントグリルひとつをとっても、かなり違ったイメージがあるし、バンパーやスポイラーをとっても、かなり違う。

たとえばスポイラーだが、リップのあるなしでは完全にイメージが違うし、コーナーの下側に張り出したフィンのようなところも、厚みがあったりなかったりすると、それだけでもイメージは大きく変わる。

また、サイドをきっちり考えたキットもあるし、そうではないキットもある。リアもバンパーだけのキットもあれば、ルーフスポイラーを組み込んだキットもある。

どんなイメージにするのかということを、あらかじめきちんと決めることは難しいのだろうが、ここはそれをきちんとやっておくことが必要になると思う。

ここで感がなくてはいけないことは、バランスだろうと思う。フロントグリルとバンパーの開口部の角度がある程度一致しているとか、そんな細かいことが全体のイメージに影響をしてくる。バランスが悪いといかにも「後付け」、というイメージを与えるし、もっと悪いと取って付けたようなイメージになりかねない。そうなると、かなり安っぽくなってしまうので、要注意だと思う。

ショップを探す

こうして組み込むパーツが決まったら、次は取扱をしているショップを探すのだが、これはネット検索でかなり多くの情報を得られる。

ショップの候補が決まったら、出向いて行ってオーナーさんやスタッフさんたちと、実際にコミニュケーションを取ることを、ぜひお勧めしたいと思う。ショップとの付き合いは期間も長くなり、有機的な関係にもなるから、良好な関係を築けるようでないと、なかなかうまくいかないことが多くなるからだ。

良好な関係が築けそうだったらそこに決めることにして、パーツの現物チェックと、パーツを取り付けた現車チェックをしていただきたいと思う。特に現車チェックは重要で、イメージと現車の間にある乖離がどれぐらいか、ということを知ることができる。現車チェックが出来ないようだったら、過去の施工車の写真を見せてもらえばいいと思う。ショップでとった写真は、自店のデーターにもなるので、客観的な画像を見ることができるはずだからだ。

タイヤ&ホイール

パーツの取り付けを決めたら、次はタイヤとホイールを決めるのだが、ホイールのイメージが車全体に与える影響は大きく、失敗すると、全体的にかなり残念な結果になるから、注意が必要になる。ここは、スタッフさんにイメージを言って、候補を挙げてもらった方が、失敗しないで済むと思う。インチアップホイールに、扁平率の大きいタイヤを履かせて、シャープなイメージを出したい。

ブレーキキャリパーとローター

ホイールの開口部から覗くキャリパーなのだが、カスタマイズのときに交換してあればブランドカラーになっているはずなので必要はないが、そうでなければ赤や黄色などでカラーリングをしておきたいところだ。あとはローターを、スリット入りなどのものに交換しておくと、ちょっと迫力のある演出ができることになる。

シートの変更

シートなのだが、バケットタイプに交換することをお勧めしたい。これはファッション性だけではなく、実効性も高い。体をしっかりホールドしてくれると、走りにもいい影響が出ることは確かだ。今の時代は選択肢も増えているので、予算に見合ったものを選べるので、一考の余地はあると思う。

最後に、しっかりとした強度を持った、滑り止め機能の付いたスポーツペダルに交換すると、かなり違ったイメージを作ることができたと思う。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加