カローラアクシオのメンテナンス

カスタマイズとドレスアップをしたこの車は、ちょっとしたアスリートのような存在になていることだろう。
峠レベルでは、同じようにカスタマイズをされた車以外には、そう簡単に追いつける車もなく、ライバル的な車がいないときには独壇場的な速さを示していることだと思う。
結構思い切りスロットルに鞭を入れるケースも多くなることだとも思う。
また、結構速いものだから、勘違いをして上級の速さを持った車とバトルをしてしまう事もあると思う。
こういったケースは、サーキットでも現れる現象なのだ。特にビギナー的な方には、いくら忠告をしても体感するまでは判らないようだ。
つまり、車を酷使しがちになると言うことを申し上げたちのだが、失礼があったらお許しいただきたい。

車を酷使すると、どこに一番のストレスがかかるのかと言えば、それは簡単な事であって“摺動部分”と言うことになり、次には冷却関係と言うことになるのではないだろうか。
そうすると、やはりノーマルの車と同じように“液体”と“ベルト”がメンテナンスの肝になる事は「間違いないだろう。
一般的に使っている車とちがう事は、その交換のサイクルを早目にしないといけないと言う事だけだろう。
エンジンを多少なりともチューンしていれば、それなりに発熱量も増えている訳であって、それをストックの状態のラジエターとオイル量でまかなっているのだから、結構無理を強いていることにもなる。
また、エンジンをよけに回すと言うこは、パワートレーン全体に高負荷をかけていることにもつながるわけだ。
エンジンオイルなどは、3000Km程度での交換が望ましくなってくるし、エレメントも出来れば毎回の交換が望ましいところだが、オイル交換2回に対して1回でも許されれる範囲だと思う。

スポンサーリンク

各ギアオイルも10000Km前後での交換を目安にしていた方が、安全だと言えるだろう。
特に機械式のLSD(現代では希なのだが、固定ファンは多いし、効き方が気持ちいいので)を組み込んでいるデフの場合などは、5000Kmを目安にした方が安全だろう。
この機械式のLSDは、かなり発熱をすることは確かなので、それだけオイルの劣化も速いと言うことだ。劣化したオイルが、このLSDに与える影響は想像がつくと言うもので、早目の交換をするに越したことはないと思う。
ミッションもしかりであって、MT・ATを問わずに峠を飛ばしたり、たまにはサーキットを等と言う走りをしていれば、街中をノホホンと走っている車の状況とは縁遠いところにそのコンディションはあると思っていただきたい。
とにかく、走れば痛むのがオイルでありベルトであって、走行距離や時間で計るべきではなく、使用状況で劣化を推定するべきものだと思っていただきたい。
なにしろ峠レベルでもエンジンの常用回転数は、街中を普通に走る車と比べた場合、常軌を逸した回転数を使い続ける事のなるのだし、高速巡航のように一定の回転数を使い続ける事も出来ないのだ。
これは、どれだけのストレスがオイルに掛っているのかと言うことを、一回想像してみていただきたい。
人間でいうと、アスリートの人達がやる“サーキットトレーニング”を想像してみると、案外判り易いかもしれない。
きつい運動種目を数種類、連続的に行い、一番最初の種目に戻って初めから繰り返すと言う、例のトレーニング方法だ。
これは結構キツイ。車だって、サーキットや峠を飛ばすときにはこの状態になっているのだ。
これを御理解いただければ、オイルにかかるストレスを想像できることだと思う。
是非、早目のオイル交換をお願いしたい。

そして、割合におろそかにされ易いのがタイヤのメンテナンスだろう。
タイヤは消耗品だから、まあ減ったら取り換えればいいや、等と言う考え方は極めて普通なのだが、実はそれだけでは困ったことになるケースは多そうだ。
例えばトレッドパターンに挟まった意志があったとする。
マスが小さいので、普通に走っていても特にバイブレーションを感じたりはしないと思う。
しかし、高速に入ると、タイヤの回転数は思い切り上がってしまう事は、誰でもが知っている事実だろう。
そうなると、トレッドパターンに挟まっていた小石は遠心力によって飛び出す。そして、ダルビッシュがなげるストレートよりも強烈な速度で後方へと飛んでいく。
もしも、その先にバイクがいたらどうなるだろう。
バイクの車体に当たった分には、そう問題はないかもしれない(あたられた人は、相当腹がたつ事だとは思うけれど)。
しかし、もしも露出している肉体に当たった場合、この石は銃弾とまではいかないにしろ、ある種の凶器になりえるのだ。
何年か前に、フェラーリの“フィリッペ マッサ”が、前を走っていた“ルーベンス バリッチェロ”のマシーンが落としたリアサスペンションのパーツに当たり、瀕死の重傷を負った事があった。
幸運にもマッサは一命を取り留め、今でもF1シーンで活躍をしてはいるが、かつてのような輝きは取り戻せてはいない。
こういった事が、トレッドパターンに挟まった小石が、その役割をしないとは誰も断言はできないと思う。
常々、道路は人と人が触れ合い、敬意を持って接する場所だと言うことを忘れてはいただきたいと思う。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加