86(ハチロク)のカスタム

2012年2月にリリーズされたこの車、ネーミングが示す通りに、かつて若者に大人気だったAE86をもう一度と言うことがあるようだ。かつてのAE86は、低価格でチューニングをし易いということと、FRの入門車と言う位置づけで、モータースポーツの入口に位置してた。
軽量、コンパクトで素直な操縦性と、けっして高くはない限界点が初心者でも充分に乗りこなせる性格を持っていたAE86は、新車・中古車ともによく売れた。
また現代ほどではなかったのだが、チューニングパーツも豊富に出ていたから、余計に人気が出たと言える。

そしてこの新しい86のターゲットは、かつて86に乗っていた、あるいは憧れていたような40~50代の年齢層がメインターゲットになっているというから、なかなか面白いと思う。
この86はスバルとの共同開
発のよってできたもので、随所にスバルらしさが出ているところが面白い。
開発の趣旨としては、軽量・コンパクト・低重心・低慣性ということを主眼に、顧客とともに進化することを目指したと言う。

外寸としては、全長4340mm、全幅1775mm、全高1300mm、重量1220kgと、確かに軽量・コンパクトに収まっている。特に全高1300mmという数値は、かなり着座位置を低く取らなければ実現しない数値で、スポーティーさを数値上からも感じさせてくれる。いわゆるスポーツカーというコンセプトでなければ、全く実現不能な数値だろう。現代の国産車で、スポーツカーとハッ切る歌っているのは、日産のフェアレディーZとマツダのロードスター、そしてこの86と姉妹車のBRZぐらいになってしまったのではないだろうか。

スポンサーリンク

トヨタ自体でも、毎年スポーツカーの開発に関する企画は上がってくるのだが、投資効率の悪さから採用になった経緯は、長期間なかった。というより、多分トヨタ2000GT・トヨタスポーツ800以来ピュアスポーツを市場に投入したことはなかったのではないだろうか。
しかし、若者の車離れをなんとかしないと、次の市場を確保できないという危機感から、やっと重い腰を上げたということが現実なようだ。
ちなみに、ロードスター・RX7を開発したマツダの貴島孝雄氏から、助言を受けたという話は業界内では有名らしい。
実績を作るためならなんでもやるという、いかにもトヨタらしいエピソードなのかもしれない。

駆動方式はFRのみで、サスペンションは、フロントがストラット、リアはダブルウイッシュボーンという割合にオーソドックスなレイアウトになっている。サスペンションというものは、紙の上のスペックで決まるものではない。ボディー剛性や、サスペンションマウントの剛性、そう言ったことが総合的にサスペンションの能力を決定していくのだ。

パワーユニットはスバル製で得意の水平対向4気筒 DOHC16V 2,0リッター、FA20一機種のみとなっている。ちなみにこのエンジンの直噴システムはトヨタのノウハウによるものだ。
ボア×ストロークは、86,0mm×86,0mmで、パワー・トルクは、200hp/7000rpm・20,9kg-m/6600rpmというスペックになっている。リッターあたり100phはNAとしては、そこそこの数字かと思える。また、現代のパワーユニットとしては、スクエアータイプであり、高回転型に設定されているところが、いかにもスポーツカーだと割り切っていることを思わせる。
ミッションは、6速MTと6速ATが選べるようになっている。

ところで、その走りなのだが、友人が6月にBRZを購入したのだが、その時に86と随分迷ったということだった。姉妹車だから、全く同じかと言うと、サスペンションのセッティングが違うらしいのだ。BRZは、かなり路面にへばりついて、タイヤが最後まで路面を捉えているのだが、ブレークするタイミングを掴むのにちょっとしたコツがいるという。また86は、BRZよりも早い時期にブレークするのだが、というよりもむしろ積極的にブレークさせるセッティングになっているということだ。
余談だが、こんな試乗をする客のとなりに乗っていたセールスマン氏の、その時の気持ちっていったいどんなようだったのだろうかと、つい可哀想になってしまった。

また、ステアリングの切りはじめの応答性は、かなりいいという。フロントミッドシップレイアウトを取りながら、重量配分を53:47にした理由はここにあったようだ。1200kgという軽量な車のフロントに、ある程度の重量bが欲しかったということだろうし、それが成功しているように思える。

ブレーキは前4ポッド、後ろ2ポッドの設定になっているが、友人によると、やはり剛性感には不足を感じざるを得ないという。特に、奥まで踏み込んだ時に、少し曖昧なフィールを伝えてくるところに不安があるらしい。連続した下りでの使用は経験していないから判らない、ということだったが、まあ、カスタマイズの対象にはなりそうだ。

動力性能については、不足を感じるシーンはないようだが、できればもう少し欲しいという。ちなみに彼のBRZは、そこのところもしっかりと対処しているようだ。

このようなことを踏まえて、サスペンションとスタビライザーを強化キットに変えてみたい。バランスを崩さずに、強化できるキットがかなりあるので、86の特徴を消さずにそのまま限界点をあげるセッティングに持っていけるキットがあるので、相談してみるといい。
この車は、軽量が効いているせいなのか、特に剛性についての不足は感じないということだ。したがって、補強の必要は、現状では感じないということだ。

次にブレーキだが、これは高剛性キャリパーを入れて、耐フェード性の高いパッドと交換、フルードも高沸点タイプに交換しておけば大抵のことには対応できる。それと、高剛性ホースに変えることも忘れてはいけないだろおう。

さらにエンジンだが吸・排気を高効率化して、ロムの書き換えをするとかなり体感できるほどの違いはあるということだ。特に、低速コーナーからの立ち上がりなどでは、かなり、違いを感じるということだった。スーパーチャージャーキットも出ているが、そこまでなる必要性はないらしいし、強馬力になると、リアのトラクションをどうやって確保するのかが難しいかもしれないと、友人はいっている。
あくまでも、ライトウエイトスポーツの特性を活かすカスタマイズにとどめることを、勧めたいと彼は言っていた。

そのうちTRDバージョンなども登場するかもしれないので、その時にはリアのトラクション問題も解決していることだろう。
一方のスバルではBRZのSTIバージョンが開発中、などと言う話もあるので、楽しみに待ちたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加