ノアをカスタムして楽しむ人たち

2001年に登場したワンボックスミニバン、ノア。ファミリーカーではありますがカスタマイズ需要も高い事で知られていますので、エアロパーツも多数登場していたりします。

2001年に登場したノア。ワンボックスのミニバンですから、主なオーナー層はお子様がおられる家庭になるでしょう。
小さいお子様がおられる家庭にとってワンボックスのミニバンは利便性がとても良いのです。チャイルドシートの取り付けが容易いのはもちろんですが、居住空間が広いおかげで子供も飽きません。長時間のドライブでもなんら問題ないのがワンボックスミニバンの良い所なのですが、一方でカスタマイズ需要もあるのです。
意外な組み合わせと思われるかもしれませんが、広い居住空間は子供だけの楽しみではないのです。
その室内空間を自分の思い通りにカスタマイズして楽しんでいる人も多いのです。

スポンサーリンク

事実、二代目にはそのような層を狙ってエアロパーツを装着したグレードまで用意されたほどです。やはり大きな車は改造の「し甲斐」があるのでしょう。
セダンタイプに比べて、物理的にミニバンの方が大きいですからいろいろとアレンジする事が出来るのです。中には後席は全て音響にしてしまっているという人もいますし、キャンピングカーチックに改造している人もいます。
土足厳禁な室内空間を生み出している人もいれば、内装ではなく、ホイールなどにこだわったりLEDを散りばめるなどして楽しんでいる人も大勢いるようです。
ファミリーカーではあるのですが、その大きさのおかげで改造する場所が多いのです。
しかも、ノアは中古車で安価なものも出回っていますから、改造目当てで安い中古車を購入し、自分好みにカスタマイズしていくという人も多いようです。
おかげでノアのエアロパーツやカスタマイズパーツはメーカーからだけではなく、社外品でも多数用意されているのです。どのようなカスタマイズを楽しむのかは各々の自由でしょうが、それだけ選択肢が広いとも言えます。

ノアは人気の高い車種としても知られていますが、それはカスタマイズ層からの人気も少なく無いでしょう。
ファミリーカーとカスタマイズカー。
異なる特徴を併せ持つ事が出来るのもまた、ノアならではななのかもしれません。
セダンタイプに比べてカスタマイズ度が高いですから、良い意味で「これ」といったカスタマイズがないのです。各々自分の好きに改造しているのです。
スポーツカーですとエアロパーツを付けて、サスペンションをいじって…といった具合に、カスタマイズの選択肢は多くはありません。
それもそのはず、居住空間がほとんどないのですから。
その点ノアの場合外観はもちろん居住空間のカスタマイズも自由です。
メーカー、社外品から出ているカスタマイズパーツは外装に取り付けるものが多いのですが、ノアをカスタマイズして楽しんでいる層は自分自身でDIYして室内を自分好みにカスタマイズしている人が目立ちます。
中には子供がおられるにも関わらずカスタマイズしている方も見かけますが、その場合は室内空間よりも外観のカスタマイズにシフトチェンジするようです。

子供がいるとやはり居住空間はとても大事な部分となってきます。
広い室内の方が子供が楽しめますし、長時間のドライブでも飽きが来ませんから。
この点はファミリーカーの宿命とも言える部分ではあるのですが、それだけ様々な楽しみ方が可能なのがノアなのでしょう。また、初代モデルと二代目モデルはコンセプトが同じという事もあり、共用出来るカスタマイズパーツも少なくなかったりします。
このように、ノアの楽しみ方は様々なのですが、根底にあるのはノアの基本設計の良さという事になるのではないでしょうか。
もしもノアがエンジンが貧弱なものであれば、いくら格好良くとも走りがいまいち…となってしまっていたでしょう。
ですがエンジンもそれなりのものを搭載していますので、様々なカスタマイズを活かす事が出来るのです。

この点はとても大きい部分と言えるのではないでしょうか。
カスタマイズした車は、やはり走らせてこそのものでもあるでしょうから、多くの人にとってノアは「理想」の一台なのでしょう。もちろん、ノアを購入したら必ずカスタマイズしなければならないというわけではありません。
ノーマルの状態でも何ら問題ない車種ですし、事実ノーマルの状態で利用しているオーナーの方が多いでしょうから。カスタマイズ、さらにはノーマル、そしてファミリーカーなど、ノアの魅力は居住性よりもこのオーナーの選択肢の広さなのかもしれませんね。
軽自動車やセダンではさすがにこのような楽しみ方は出来ないでしょう。
様々な意味で自動車マニアの理想を叶えてくれるのがノアという車種なのです。
最近ではフルモデルチェンジが囁かれていますので、三代目のノアがどのような形で世に生まれるのか。今から注目している人も多いでしょうが、カスタマイズを楽しみたい層にとってもまた、ノアの三代目は気になっているでしょう。
三代目が登場すれば今現在在庫になっているノアが更に安くなる可能性もありますしね。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加