プリウスのモデルチェンジの歴史

自動車売り上げランキングを見ると、軽自動車が多い事に気付かされます。普通自動車となるとフィットとプリウス程度しか見かけません。
フィットはホンダのコンパクトカーになりますので、「普通の車」となると、実質的にプリウスのみと言っても過言ではないのかもしれません。そんなプリウス、初代モデルは1997年に登場しました。
発売当時の燃費は28km/L。今でも充分に素晴らしい燃費を誇る数字と言えるでしょう。
ですが、正直売れませんでした。
今のプリウスの人気からは考えられないほど売れませんでした。
その理由としては、車体価格の高さが挙げられるようです。

スポンサーリンク

カローラが100万円を切るなど、自動車が売れないと言われている時代に215万円で売り出されたのです。
低燃費を誇るとはいえ、車体価格そのものが高ければどうしても手が出ません。
更に、世界初の量産ハイブリッドであるがために、随所に甘い部分があったのも事実です。
特にエアコンへの評価は厳しいものでした。
トヨタとしても「世界初のハイブリッド」に拘っていた部分もあったのでしょう。

ですが、215万円という価格は自動車業界の相場として考えると割高ではありましたが、コストの面を考えると決して高いものではなかったのです。
実際初代プリウスが売れてもトヨタは儲けにならないのでは?とまで言われたほどです。それだけハイブリッドに賭けていたのでしょう。ですが、実質的には大惨敗と言っても良い結果となってしまったのです。
このままモデルチェンジもなされないのでは…といった声まで聞こえていたのですが、2003年、二代目モデルが登場します。
先代モデルは4ドアのノッチバックセダンだったのですが、5ドアのハッチバックに変更。
フルモデルチェンジというよりも全く別の車種になったと言っても過言ではないほどの変化となりましたが、変化したのは車体だけではなく、評判もでした。
初代モデルの大不振が嘘のように大ヒットを記録する事に。

燃費の方も35.5km/Lとアップ。
燃費の面だけではなく、エクステリアやオプションなどもパワーアップしたのですが、中でも「インテリジェントパーキングアシスト」、「S-VSC」と呼ばれる電動バワーステアリングと横滑り防止機構の連動システムは世界初となりました。
それだけではなく、アイドリングストップ中でもバッテリーを電源にする事で稼働するエアコン、さらにはスマートエントリーやイモビライザーなども搭載。
ハイブリッドモデルではありますが、自動車としての基本的な部分もしっかりと洗練されたモデルとなったのが二代目のプリウスです。
そして2009年には二度目のフルモデルチェンジが行われたのですが、好評だったことから、二代目プリウスも継続生産される事に。三代目モデルは二代目に比べて若干ボディサイズが大きくなっています。
後席確保、さらには空力性能などを考慮した結果ではありますが、おかげで広い居住性を誇る一台となりました。燃費も38km/Lにまでアップ。
さらにはパワーコントロールユニットの強化のおかげで2.4L並のパワーを実現したとまで言われているのです。
価格の方も一番安価なグレードで205万円と、決して高くは無い価格設定のおかげで三代目もまた、とにかく売れに売れています。
インパネ類などは二代目に比べて落ち着いたため、比較的年齢層の高い人に好評を博しているようですが、基本的には幅広い層に売れています。

最近ではプリウスの派生タイプとも言える「アクア」が登場した事で、今後プリウスがどのように変化していくのかにも注目が集まっていますが、依然として高い人気を博しており、自動車売り上げ年間ランキングでも首位を獲得。
外に出ればプリウスを見ない日は無いとまで言われるほどの車種なのです。
また、最近ではPHVにも力が入れられており、2012年の1月には遂に一般販売も開始されました。
EV走行が26.4km、PHVとしての燃費も61km/Lと、燃費争いに終止符を打ったといっても過言ではないほどの数字を記録しているのです。

当然日本以外の国でも販売されているのですが、日本以外でもやはり二代目プリウスの人気がとても高いものとなっています。
二代目プリウスは燃費はもちろんですが、環境に優しい自動車として高い人気を博し、ハリウッドのセレブが環境問題への取り組みをアピールするためにプリウスに乗車する…といった事まで行われました。
三代目に関しては日本国内で大ヒットを記録。納車まで半年から一年待たなければならない時期もあったほどです。
最近ではアクアの登場で人気が分散しているとはいえ、まだまだプリウスの人気も健在です。
人気の高さはもちろんですが、最後のモデルチェンジが2009年ですから、そろそろモデルチェンジが行われるのではないかとささやかれていますので、プリウスファンにとっては今年は注目の年になるかもしれませんね。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加