アルファードのモデルチェンジの歴史

アルファードはモデルチェンジも行われています。今年はアルファードが登場して10年になりますが、モデルチェンジされた事でどこが変わったのか。車にとってモデルチェンジは大事な部分ですから、チェックしてみましょう。

アルファードが世の中に登場したのは2002年の5月22日でした。
先にも話しましたが、とにかく「打倒エルグランド」を果たすべく、グランビア、レジアス、ツーリングハイエース、グランドハイエースといったトヨタのミニバン車種を統合して生まれたのがアルファードです。
ハイブリッドモデルの投入、さらにはコンパクトカーでおなじみのストラット、トーションビームといったサスペンションで走行性にもこだわりを見せているのです。
居住性だけではなく、走行性にも拘っているのはエルグランドを強く意識している部分があるのは明白です。

そんなアルファードは登場から6年経過した2008年の5月12日にフルモデルチェンジが行われます。
シャーシは三代目エスティマと共通のものとなりました。
とはいえ、エスティマの上級車種という部分が強く意識されているのは明白で、それが証拠にエンジンも2.4lモデルよりも3.5Lモデルでの展開の方が幅広いものになっています。
これはやはり3.5Lの方に力を入れているという何よりの意思表示と言えるでしょう。
また、それまでアルファードはネッツ店でも販売されていたのですが、フルモデルチェンジを機に、アルファードの派生モデルとも言える「ヴェルファイヤ」が登場した事もあり、トヨペット専売車種となりました。
ネッツ店ではヴェルファイヤ、そのような位置づけとなったのです。

スポンサーリンク

モデルチェンジでサイズが若干大きくなりましたが、元々大きい車種ですから、あまり印象は変わらないでしょう。
それでも全幅や全高などは数cmほど延長されています。
また、モデルチェンジで一番変わったとされるのはやはりインテリアでしょうか。
外見の印象はより洗練された…といった程度かもしれませんが、モデルチェンジにより、中身はかなり変わる事になったのです。
また、特別仕様車も多数登場していますし、モデルチェンジによってアルファードの可能性は更に広がったと言えるでしょう。
ファミリーユースの一台ではあるのですが、用途の幅広さのおかげでファミリー層だけではなく、様々な層が注目している一台とまで言われており、トヨタの国産ミニバンのフラッグシップにまで成長したのです。
また、日本市場だけではなく、中国市場にも投入されています。北京モーターショーに出展されると、アルファード史上初となる左ハンドルモデルとして中国市場に投入される事になったのです。

更に、カメラも全方位に装備されています。
また、特別限定車も多数登場しているのですがそれぞれ異なる特徴を持っていますので、どのモデルもアルファードの購入を考えている人に大きなアピールとなっているのです。
また、先代モデルでも用意されていたハイブリッドモデルもモデルチェンジ後も引き続き登場しています。

先代モデルのベースグレードは17.2km/lだった燃費もモデルチェンジ後は19.0km/Lと向上。
更に低燃費に磨きがかかっているのです。
二代目モデルの登場は2008年と話しましたが、初登場から6年経過した後のモデルチェンジという点が如何にアルファードの人気が高かったか、そして基本設計に優れていたのかが解るのではないでしょうか。
一方でただ変わっただけではなく、環境面への配慮も随所に見られます。

特にモデルチェンジして採用された「エコプラスチック」は、植物由来成分が配合されている環境に配慮したプラスチックです。
ユーザーにはあまり影響の無い部分でしょうが、このような点にも考慮しているのはさすがにトヨタといった所でしょうか。
また、価格の方はベースグレードを比較すると少々高くなってしまっている部分はありますが、それでも性能を考えると、むしろこの上昇幅によく抑えたと関心させられるでしょう。
先代モデルのベースグレードが283万円でしたが、フルモデルチェンジ後のベースグレードの価格は300万円となっています。
装備が充実した点などを踏まえると、この程度の値上げはむしろ良心的と言えるでしょう。

この点も二代目モデルが高い人気を博している理由と言えるでしょう。
オプションパーツなども充実していますし、先代モデルで好評だった点はしっかりと受け継がれているのです。
多彩なシートアレンジや快適な後席など、国産ミニバンのフラッグシップモデルと呼ばれている点に相違はないでしょう。
とにかく高い人気を博しているモデルと言えるのが、この「アルファード」なのです。
最近ではヴェルファイヤに注目している人も多いようですが、ヴェルファイヤはどちらかというと若年層に対して訴求している部分がありますので、ファミリー層などはアルファードの方を選ぶようですし、リセールなどを考えてもアルファードの方が高い人気を博しているようです。
次回のモデルチェンジはまだ先でしょうが、どのような技術が搭載されるのか、今から注視している人も多いのは容易に想像出来ますよね。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加