エスティマの車種概要

トヨタを、否、日本を代表するミニバンと言っても決して言いすぎでははないのがエスティマなのではないでしょうか。「ミニバンの常識を変えた」といっても過言ではないエスティマはどのような車種なのでしょうか。

エスティマが登場したのは1989年。
幕張メッセで開催された東京モーターショーです。
この時点ではコンセプトモデルとして登場したのですが、「動くカットモデル」とも呼ばれたコンセプトモデルの登場は国内外を問わず、自動車業界に大きな衝撃を与えました。
とはいえ、エスティマは製品化されるまでに様々な障壁があったのも事実です。
元々エスティマは当時のトヨタが開発していた新しいエンジン、「S2」という2ストロークエンジンを搭載して「新しい時代のMPVを」というのがコンセプトだったのです。
新型エンジンのおかげでエンジンルームを従来の車種に比べてよりコンパクトにまとめる事が可能となる「予定」でした。
ですが、エンジンそのものは良いものでしたが、排ガス対策を行なう事が出来なかったのです。
そのため、先に開発していた独特のボディーをどうする事も出来ない状態となってしまったのです。

スポンサーリンク

そこでハイエースの部品を流用して製造した一般的な直4の2.4Lエンジンを「傾斜搭載」という素晴らしい発想の転換を行なう事で当初のコンセプトをキープ。
「エスティマ」として世の中に登場する事になりました。
エスティマが画期的であったのはボディーはもちろんですが、それ以外の面でも様々な点が挙げられます。
何かとボディーの斬新さに目がいきがちではあるのですが、ボディーだけではなく、ミニバンでありながら商用グレードを持っていませんでした。
ミニバンというと今でこそ「ファミリー向けの車種」、「広く使えて何かと便利な車種」といったイメージが定着してきていますが、当時はどちらかというと「商用」的なイメージが強かったのも事実です。
ミニバンのそのようなイメージを覆えしたのがエスティマとも言えるでしょう。

とはいえ、その評価が定まるのはまだ先の話しだったりします。
というのも、エスティマは登場当初は実は懐疑的な視線で捉えられていたのです。
確かに素晴らしい事実の数々は、自動車マニアから熱い視線を向けられました。
これは紛れも無い事実です。
ですが、「熱い眼差し」だけで終わってしまい、「売り上げ」にまで反映されなかったのです。この理由は様々な点が挙げられるのですが、まずは当時の主流から微妙に外れてしまった事。
エスティマ登場当時、5ナンバーサイズに収まるミニバンが主流でしたが、エスティマの横幅は1800mm。

いわゆる「3ナンバー」の車体となってしまったのです。
これは多くの人が残念に思った部分のようです。
更にエスティマは日産の「バネットセレナ」の対向として投入された部分もあるのですが、バネットセレナに加えてサイズ的に大型であると同時にに、値段が高かったのです。
当時バネットセレナのベースグレードが135万円、一番豪華なモデルでも284万円であったのに対し、エスティマはベースグレードが296万円での提供だったのです。
自動車のコンセプトはスペックなどに対しては多くの人が興味をもったのですが、購入層からすると「話題ではあるが買うとなると…」といった印象をもたれてしまっていたのです。

また、トヨタが力を入れていた北米市場では車体サイズの割りにエンジンが非力という事で国内外で異なる事情で支持を集める事が出来ずにいたのです。
とはいえ、自動車は改良されていくものです。
これらの声をしっかりと受け止め、まずは3ナンバーサイズに収まるようデザインを変更した「エスティマエミーナ」や「エスティマルシーダ」といった派生車種を投入。
更には廉価グレードを投入したり、更にはスーパーチャージャー付きモデルを投入するなど、エスティマの評価は次第に変わって行く事になっていきます。
2000年にはモデルチェンジが行なわれ、更には2001年にはハイブリッドモデルが登場します。

ミニバン初のハイブリッドモデルで、ミニバンでありながら10.15モードでは18.0Km/Lの低燃費を実現し、多くの人に衝撃を与えたものです。
今でこそ珍しくはない数字かもしれませんが、当時のミニバンでのこの数字は驚異的なものでした。
更に2006年には二度目のフルモデルチェンジが行なわれました。
登場当初のシルエットに比べると先鋭さが際立ってきており、多くの人が素直に「格好良い」と感じるようなシルエットとなっています。

また、三代目モデルでもハイブリッドモデルが追加されるのですが、こちらは先代の物ではなく、プリウスに搭載されているタイプのものが搭載された事で、先代ではあまり良い評価を得る事が出来なかった動力性の部分でも高い評価を得る事に。
また、燃費の方もJC088モードで18.0Km/Lを記録するなど、実質的には燃費も向上しています。
この数字は世界トップクラスのものとなっていますので、さすがトヨタといった所でしょうか。
ちなみに「エスティマ」という車名は英語の「尊敬すべき」という意味でもある「ESTIMABLE」から取られたもので、国外では「ブレビア」という名称で販売されています。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加