パッソのカスタム

“パッソ”はジャンルとしては小型ハッチバックタイプの乗用車になるが、ダイハツ工業との共同開発によって誕生したという、割合に珍しい経緯を持っている車なのだ。

この車の開発は、企画がトヨタで、開発と生産がダイハツという関係だと言われている。このため、“ダイハツ・ブーン”とは双子であることは事実だが、いわゆるOEM関係は一切ないということのようだ。

初代の登場は2004年6月になる。当時の“ヴィッツ”よりも全長は短かったのだが、室内空間はパッソの方が広かったという。

ただし、前面に対する衝突時に、エンジンなどのユニットを逃がして乗員を保護するため、前の床面が傾斜しているために、事実上の居住性はヴィッツの方が良かったとも言われている。なお、この初代パッソの事実上の先代は、“デュエット”に当たる。

女性が直接的なターゲットに当たるのどうかは別にして、ダッシュボードやドアポケットなどの造りとしては、小物を分けて収納できるなどと言うように、女性を意識したものになっていることも、この車の特徴的な部分になる。

このモデルはヒットして、発売開始後一か月で受注した台数が25000台といい、モデルチェンジ寸前まで、販売台数が大きく落ち込むことはなかったと言われている。

スポンサーリンク

現行モデルは2代目になり、2010年2月に好調だった初代からその市場を受け継いでいる。

明らかにキープコンセプトであり、相変わらずダイハツ・ブーンとは姉妹関係にあり、製造もダイハツ工業が行っている。

このため、プラットフォームも初代と同じで、サイズ的にもほぼ変わらない。エントリーモデルというこのクラスの車は、年々サイズが大きくなる傾向なのだが、サイズを大きくしないということも、パッソのコンセプトのうちなのだろうか。

初代で見せた“女性に対する気遣い”をより一層強力なものにするべく、製品の企画段階から女性スタッフを中心になって、いわゆる“女性目線”を多用した仕上がりになっていることが、大きな特徴なのかもしれない。

この車の外寸は、全長3,640~3,650mm、全幅1,665mm、全高1,535mm、重量910-970kgトなっていて、わずかに1トンを切っている。

エンジンは1KR-FE型 1.0L ストレート3 DOHC、 69ps/6000rpm・ 9.4kgfm/3600rpmと、1NR-FE型 1.3Lストレート4 DOHC、1NR-FE型 95ps/6000rpm・12.3kgfm/4000rpmの2機種がラインナップされている。ちなみにトランスミッションは、全車CVTとなっている。

駆動方式はFF/4WDだが、4WDは1.0リッターモデルのみに設定されている。サスペンションは、フロントがマクファーソンストラットで、リアはFFがトーションビーム、4WDがトレーリングリンクというレイアウトを採用している。

肝心な走りの評価は酷評に近いものがけっこうあって、なかでも加速の悪さとブレーキの酷さを挙げている傾向が多いことに驚く。

また、ワインディングを走るような車ではないが、という前提があるにせよ、機敏さに欠けるということを言っているテスターも多くいた。

これらはどうやって底上げをすればいいのか、ちょっと悩んでしまう。特に、加速の悪さとブレーキに関することは、手の着けようがないのではないだろうか。

ブレーキに関して言うのなら、まずリターンスプリングとリンク系を徹底的に洗い直さないと、キャリパーがどうのこうのという以前の問題になるので、これを済ませたことにして、考えないといけないだろう。

まずは機敏さの問題なのだが、これはサスペンションを少し硬めにして、ダンパーの能力を最大限生かした、粘りのあるセッティングにすることだろう。

同時に、ボディーの補強を行うべきで、サブフレームとボディーの締結をしっかりさせるために、リジッドカラーを入れることが必要になると思う。その上で、アンダーフロアーに補強材を入れて、必要ならフロントにストラットタワーバーを追加すれば、全く違った車に感じさせてくれるだろう。

そして、基本的な処置が終わったブレーキに、対向4ポッド・高剛性キャリパーを奢り、耐フェード性の高いパッドを入れて、高沸点タイプのフルードに交換する。その上で、ステンレスメッシュなどで補強をしたラインを使えば、全く違ったブレーキにすることは可能だ。

加速の悪さはエンジンなのか、CVTのセッティングなのかわからないので、ノウハウのあるショップで相談した方がいいと思う。

エンジンだけだったらライトチューンの常套手段として、吸排気系の高効率化をしてから、燃調を取り直す意味と、空き領域を使えるようにする意味で、ロムの書き換えしておくと、そうとう使い易いエンジンにすることは可能だ。

どのレポートをみても、エンジン音が高まるが音だけで、実速が上がってこないという表現を使っているので、これはCVTの問題なのではないかと思える。

いずれにしろ、テスト車だけなのかどうかが判らないので、何とも言えないことは確かなのだが・・・・・・・

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加