ヴィッツの主要グレードと特徴、モデルチェンジについて

ヴィッツ

ヴィッツの主要グレードと特徴

F
こちらがヴィッツの最廉価グレードになります。
129万円からとなっていますが、いわゆる「標準」になりますので、走行における最低限の装備はしっかりと用意されています。

ジュエラ
こちらは内外装に専用のメッキ加飾を行うなど、華やかさを表現したグレードとなっています。
136万円からです。

U
こちらは装備を充実させたグレードになります。
インパネやドアトリムにはソフトパッドを採用するなど、ところどころに充実さが伺えるグレードで、169万円からとなっています。

RS
こちらは走行性を充実させたグレードです。
価格は183万円からとなっています。

ヴィッツのモデルチェンジ情報

ヴィッツは当面モデルチェンジはないようです。
2014年の4月にマイナーチェンジがなされました。
最後のフルモデルチェンジが2010年ですので、かなり間が開きましたが、そもそもヴィッツは完成度の高い車種ですので、あまり手を加えるような部分がない点、さらには登場からかなりの歳月が経過しているものの、未だにとても高い人気を集めている点から、わざわざモデルチェンジを積極的に行う必要がないのです。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加