ホイールの役割とメンテナンス

最大の役割はタイヤと車体を繋ぐ役目

ホイールはドレスアップするとそれだけで自動車の印象を大きく変える事が出来るパーツだが、外観だけではなく、機能面においてもとても大切なパーツである事は言うまでもない。

最大の役割はタイヤと車体をつなぐという点に尽きる。タイヤに関しては前項であれこれお話したが、そもそもタイヤが能力を発揮するのはホイールに装着されてこそ。ホイールに装着されていないタイヤは無用の長物でしかない。

スポンサーリンク

ホイールなしで車体を支えることは出来ない

仮に、ホイールなしでタイヤを強引に自動車に装着したとしてもそれだけでは自動車を走らせる事はおろか、自動車を支える事さえ出来ないだろう。

ホイールの強度等があってこそ、タイヤもその能力を十分に発揮する事が出来るのだ。

タイヤが能力を発揮するのはホイールあってこそであって、各メーカーが開発競争を行い、低燃費やスタッドレスなど様々なタイヤを開発してくれているが、基本的に「ホイールに装着する事」が大前提となっている。

それだけホイールが重要なパーツである事を意味している。

放熱性能

タイヤと自動車を結ぶ。それがホイールの最大の役割だが、ホイールの役割はそれだけではない。
放熱性もその一つと言えるだろう。タイヤとホイールを外した状態を見た事がある人であればご存じだが、ブレーキローターが見える。これがブレーキと連動する事によって自動車を止める事が出来るのだが、自動車が動くという事はエネルギーが発生する。

これをブレーキによって、動的エネルギーを熱エネルギーに放熱する事で自動車のエネルギーをゼロにする事になるのだが、ブレーキシステムを冷却しなければならない。

ホイールのデザインがどれも風通しの良いものとなっているのは放熱を意識しているからだ。密閉されているホイールというのはそうそうない。

デザイン性

スチールに関してはデザインに関しては融通が利かないがアルミとなると話は別だ。カーショップ等に足を運んでみても解るように、アルミホイールは多々ある。

自分の愛車にデザイン性の強いホイールを装着させるだけで自動車そのものがまったく違う車種に見えるようになるケースさえある。

自動車を綺麗に見せるコツとしてタイヤ、ガラス、そしてホイールを綺麗にしておくべきとされているが、それくらいホイールの影響力というのは高いものがある。

人間も足元をお洒落にしていると印象が異なるが、自動車も同様で、自動車にとっての足元がホイールになるのだ。

ホイールのメンテナンス

ではそのホイールはどのようなメンテナンスを行うのか。

ここではアルミホイールに絞って話ていきたいと思うが、アルミといっても二種類ある。ポリッシュタイプとクロームメッキだ。

ポリッシュタイプは合金の地肌に研磨剤とバフによって磨きをかけたもので、ボディーの塗装と同じ感覚で扱うべきだろう。近年ではカラー仕上げのホイールも見られる。

クロームメッキタイプは名前の通り、クロームメッキ加工がしてあるもので、防酸化効果がある。

洗車時にホイールも洗ってあげよう

自動車を洗車する際、ボディを丹念に洗う人は多いが、そのような時、ホイールも一緒に洗うべきだろう。

ここで注意するのはブラシでゴシゴシ行うのではなく、ホイール専用に用意したスポンジ等でシャンプーの洗浄力を活かすよう、優しく洗ってあげるべきだろう。

特にクロームメッキの場合、ブラシで力強く洗ったら即座に傷ついてしまう事もある。

そのドイツ車のように黒いブレーキダストが出ているタイプの場合であればダストが焼き付いてしまう事もある。そのため、専用の賛成クリーナーを使わなければならないケースになるのだが、そのような事になる前にこまめに洗浄する事が求められる。

傷が付いた場合はクリアー塗料で補修

ホイールに傷がついてしまった場合には補修する事が求められる。

なぜなら、その傷から腐食してしまう事になるのだ。傷が出来るという事は、その部分の強度が若干劣る。補修の方法としてはクリアー塗料を付けて塗料を置くように補修する事になるのだが、自分では不安だというのであればホイールやタイヤ専門店に相談してみるべきだろう。

専門店であれば自分では出来ないような事も出来るのだ。

ホイールセットの紹介

価格3500円

価格2500円


スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加