ボディー剛性とサスペンションの関係性

サスペンションがどのようなものなのかは前項で述べた通りだが、ボディとどのような関連性があるのか。

サスペンション単体ではなく「自動車とサスペンション」として考えていこうと思うが、この両者は切っても切れない関係なのだ。

スポンサーリンク

今の車はフレームのないモノコック構造が主流

近代自動車はモノコックが多い。一昔前のようにフレームではないのだ。その分軽量化されているのだが、設計上弱点があるとボディの剛性が落ちるという難点がある。

特に捩じり同棲に弱いとはよく言われている事だ。さらにはサスペンションのマウント部分も補強されているものの、モノコックそのものが捩じりに対して弱いため、あまり意味がないとも言われている。

ボディ剛性が弱いとサスにどんな影響があるのか

ボディ剛性が弱いとサスペンションにはどのような影響を与えてしまうのか。サスペンションには軌跡がある。軌跡が設計値通りにならないとタイヤのグリップが悪くなり、結果、ロートホールディングが悪くなってしまう。

ではなぜその軌跡が設計通りに働かないのかと言えば、相対的に見た時、サスペンションの取り付け位置が変わってしまうからだ。

コーナーリングの際には横にGがかかる。モノコックが捩じれるとただ捩じれるだけではなく、この横Gのおかげでサスペンションの取り付け位置が狂ってしまう事になる。

設計値通りにいかないという事は、サスペンションには想定外の負荷がかかる事になるのだ。

ボディ剛性が高いとサスが性能を発揮しやすい

ではボディ剛性が高いとどうかと言えば、先とはまったく逆の事が起きる。

しっかりとしたボディ剛性に支えられているサスペンションの動きは実に的確になる。タイヤのグリップもしっかりとしたものになるし、コーナーリングであっても余計な負荷がかからず、サスペンションの能力も最大限に発揮する事になる。

設計値通りの軌跡となるのだからサスペンションを通してタイヤ等、自動車のパーツがすべて設計通りに行くのだ。

このように、ボディ剛性とサスペンションの働きは無関係ではないどころか、実に密接に関連している事なのだ。

ボディ剛性を上げるための施策

ではボディ剛性を高めるためにはどうすれば良いのか。これは決して不可能とは言わないが、それなりに費用と時間がかかるという事は事前に言っておく。

だがフロント部分を強化する事でステアリングに忠実な動きをと考えているのであれば、そしてフロントサスペンションがストラットであれば手頃に行う事も出来る。

ストラットタワーバーと呼ばれるアイテムを装着させる事でフロント部分の剛性がかなり高まる。それまでの感覚とは全く違ったものになるのだが、これはあくまでも「即興」と言えるだろう。

本格的なボディ補強は手間と費用がかかる

その他の方法としてはエンジンをおろさなければならないようなケースやあるいはフロントバンパーの補強、塗装を再度行わなければならないようなものもあればスポット溶接を行わなければならない方法などがある。

まるでサーキットやラリー仕様にするかのような大掛かりなものではあるが、これらを行う事で自動車の剛性が素晴らしいものに、それこそまったく別物になると言っても決して過言ではない。

特に経年劣化のおかげで直線でのブレーキングでさえもふらついたり、クリッピングポイントからの立ち上がりでさえステアリングを取られるようなケースであってもかなり状態が良くなるのだ。

だがこれは手軽ではない。かなりの手間がかかるため、もっと良い方法はないのかと考える人もいるだろう。

最初からボディ剛性の高い車を選べぶのが一番

このような事を言っては元も子もないのだが、初めからボディ剛性の高い車種を選ぶに限る。

改造するという事は、本来の機能を損ねてしまう事にもなりかねないのだが、初めからボディ剛性が高ければ、何も行う必要がない。

手を加えて剛性を高めるよりも、そちらの方がナチュラルな分、剛性が素晴らしいものになるし、他の部位への影響という点に於いてもやはりこちらの方が良いだろう。

サスペンションの紹介

価格36420円

価格36420円


スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加