燃料添加剤の効果と作用

燃料添加剤というアイテムをご存知の方も多いと思う。
現在市販されているものも、いろいろとあるが、だいたい2タイプに分けられるようだ。
ひとつは燃料の“オクタン価向上作用”を目的として、対ノッキング性の向上を図ることを目的としている製品で、これには液体と固形(タブレット)がある。
もうひとつは燃料の“分子構造に作用”をして、燃料のクラスターを細分化・最小化ーと言うよりも元の姿に戻すーをすることによって、理想的な燃焼状態に持っていくことを目的とする製品だと言うことだ。
いずれにしても燃費向上と、パワー・トルクの向上を目指していることには違いはないようだ。
また、クリーンな燃焼をするために、どちらのタイプもバルブなどのクリーンアップ効果を謳っているようだ。
確かに、燃焼がクリーンであれば、カーボンなどの発生が少ないために、以前から付いていたカーボンなどをクリーニングする効果はあるかもしれない。

スポンサーリンク

オクタン価向上を目的とした製品の場合、特に液体状の製品はそれ自体が可燃性である事もあるせいなのか、パワー・トルクの向上効果を体感できると言う意見が多いようだ。
しかし、燃費向上には首をひねる方が多い事も確かなようだ。
確かに、オクタン価向上により対ノック性が高まった場合、同じ乗り方をしていれば燃費の向上は期待できるはずなのだが、何故か燃費が変わらないと言うよりは悪化したと言う話しの方が多いようだ。
だが、この責任は添加剤にはないと言えるだろう。何故かと言えば、快調にエンジンが反応してくれるために、ついついスロットルを積極的に、しかも無意識に多く踏み込むことが原因だからだろう。なかには、これを自覚していて“しょうがないよ、だって気持ちいからね”と割り切っている人もいるから、無意識派の方も気をつけて以前と同じ操作をしてみることをお勧めする。
この液体のタイプは、給油毎に所定の量を追加してやらなくてはいけないところが、ちょっと手間を必要とするし、その都度消費してしまう為に割高感を感じる方もいるだろう。
しかし、体感しないと使った気がしないと言う方には、お勧めのアイテムになると思う。
また、結構値段=効果的な要素もあるようだ。
一方タブレットタイプのものは、一定期間入れっぱなしになるので、割安感と手間いらずの感覚は強いし、リーズナブルな感覚もある。
しかし、パワー・トルクの向上は体感できるほどのものではないと言う意見も、周りには多いようだ。
使い方としては何リッターに対して何粒と言った使い方が多いようで、タンクの中で徐々に溶けてオクタン価向上に貢献すると言う物のようだ。
オクタン価が向上すれば、燃費向上にはそれなりに貢献するのだろうが、液体タイプとは違って、逆に体感を求めるためにスロットルを踏み過ぎるきらいもあるようだ。

分子構造に作用するタイプも、クラスターを最小化していき、燃焼効果を向上する事によって燃費とパワー・トルクの向上に貢献するわけだ。
このタイプも液体なのだが、これ自体は可燃物ではないのだが、やはりパワー・トルクの向上は体感できるようだ。
特に燃焼音が綺麗になり、エンジンが快調に回っていることが楽しく、余計にスロットルを踏みこむ人も多いようだ。したがって、パワー・トルク感の向上を体感した人は、燃費の悪化をも体感している事は、何となくひにくであることは、オクタン価向上の液体タイプと同じだ。
しかし、燃焼音が綺麗になっている事は、いい燃焼をしているはずだから本来的には、添加剤を使う前と同じ操作をしていれば、こちらも燃費向上効果はあると思えるので、踏みたい気持ちを我慢して、以前と同じ操作をすることをお勧めしたい。

また、燃料の質改善を目的にしたものではなく、純粋にエンジン内のくリーアップのみを追求したものもある。
これは、強力な清浄作用で、バルブなどに溜ったカーボン等を綺麗に落としてくれる。
その結果、新車時のような感覚を取り戻すことができるので、かなり体感できるようだ。特に、スポーツタイプのバイクの場合には相当体感できると言う事のようだ。
ただし、強烈な清浄作用があるために、オイルが汚れるので、添加して一定の距離を走行したら、オイル交換を義務付ける製品も多いようだ。
これは、一年に一度とか一万Kmに一回とか、一定のスパンで使用することが望ましいと思う。

いずれにしろ、それなりの効果はあるはずだ。
燃費を考えるならば、くれぐれも踏み過ぎには注意していただきたい。
でも、たまにはストレス解消に、高速道路の合流等加速の必要な時に思い切り踏みこんで、体感を楽しんでも罰は当たらないかもしれない。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加