サスペンション

サスペンションを弄った(チューン)場合、一番の効果は“見た目”になるのかもしれない。
ローダウンしたサスペンションに、インチアップしたホイールとタイヤを履かせると、なんともスタイリッシュであり、機能美を感じさせてくるれ。
この機能美だが、どこから来るのかと言えば、それは勿論サーキットを駆け抜けるレーシングマシーンのイメージに近づくからに他ならない。
しかし、サスペンションを弄ってバネやショックをヘビーなものにして、車高を落とすことには意味がないという解説を目にした方も多いと思う。
弄った結果、乗り心地が悪くなり、操縦性が悪化するという記事もある。

ではサーキットを走るマシーンは、車高を落としているのになんで操縦性が悪くならないのかといことが疑問になる。
サスペンションで一番大切な事は、設計値どおりのジオメトリーを保てるのかと言うことと、次にサスペンションのシステムになる。
もっと言えば、サスペンションを取りつけてあるボディー剛性も、ジオメトリーを保つためには必要不可欠になる。
車高を単純に落とすと、、サスペンションアームの角度が変わると言うことが問題になる。
この角度が変わると、重心がさがり、車が持つロールセンターの位置も低くなる。
このロールセンターはフロント・リアのそれぞレにあり、日ごろ目にするものではないから、実感の湧かない方も多いと思う。
前後のロールセンターを結んだ線を“ロール軸”と言う。
サスペンションアームの取り付け位置等を修正せずに車高だけを下げると、ロール軸が長くなってしまってロール合成が低下する事になる。
ロール剛性が低くなると、サスペンションの上下動が大きくなる。この時当然車高が下がっているので、ダンパーの縮み側のストロークが減少していて、比較的簡単にバンプラバーにあたって突きあげ現象が起こる結果、乗り心地も操縦性も悪化すると言うことになるのだ。
 

こういったことを起こさないために、レーシングマシーンはアームの取り付け位置を変更して、ロール軸を短くしたり(剛性を高めるため)、バネレート上げてショックのストロークを見直す等の対策をキッチリと取っていたり、他にも様々な対策を取り、最適な足回りを構築しているわけだ。
その上に立って、あのような行性能があるのだと理解していただきたい。
その結果として、本当にレーシングスピードに入ったときには、実にしなやかな挙動を得ることができるのだ。
ようするに、別次元のものだと言うようにご理解いただきたいと思う。

このような言い方をすると、市販のサスペンション全部がいけないのか、と言うことになるのだが、それは違う。
サスペンションの基本的な事を御理解いただきたく、のべてきたことなのだ。
エアロと同じように、車種別に特化した専用のサスキットであれば、前述のようなことに対する対策も施されているはずだ。したがって、それなりの速度域の範囲でそれなりの走行性能は発揮してくれると考えてよいだろう。
剛性の強化や、バネレートスタビの強化等、ショップやメーカーの創意をこらして作られたキットならそこそこのものであると思うからだ。
このサスキットも、やはりレース活動をしているショップやメーカーのものには一日の長があると考えてもよいだろうと言うのが、一般的な考え方のようだ。
どうあっても、レース活動でのフィードバックと言うものは、それをやっている事でしかあり得ないからだと思う。
またキットを装着した後のセッティングにも、このノウハウは大きく表れることだろう。
レースという、ハードでシビアな活動を経てこそ、街乗りとは言え、サスキットの開発やセッティングには大きな影響があると思ってもよいのではないだろうか。

ただし、あくまでもスポーツサスというジャンルになる訳であって、サーキットをレース仕様のマシーンと同等に走れるとは考えないでいただきたい。
あくまでも、タウンユースに近いジャンルなのだと思っていただければ、間違いは起こらないと思う。
また、このスポーツサスと言うものは、少なからずローダウンすることになる。
あまり、ローダウンをしてしまうと、フロントの下部に空気の渦が出来てしまい、フロントリフトを起こす可能性もある。
このため、レースシーンではリアにディフューザーを設置して、空気を吸いだして制流しているケースがほとんどだが、タウンユースの車にディフューザーを設置するこてゃ難しい。
ましてや、ディフューザーを機能させるための速度域は、免許証がいくらあっても足りない速度域だと考えていただきたい。
給油の時や、ファミレスに入る時などの行為自体が、大きな障害になりえるようなローダウンの仕方をしないで、実用的な範囲でのローダウンをお勧めしたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加