ETC(Electronic Toll Collection System )

最近では耳慣れたETC(Electronic Toll Collection System )だが、いったいどのようなものなの、どんなメリットがるのかと言うことに関しては、意外な事にあまり正確な情報がない。
これは無線通信を利用して、高速道路の料金所を停止することなく通過で来て、料金は後から自動的に請求されて銀行口座から引き落とされると言う、かなり便利なシステムだと言うことは、一般的に知られるところではある。
この事によって交通量が多い時でも、料金所に停止する必要がないために、渋滞の要素を極力抑えることができると言う便利なシステムなのだ。

このETCの歴史は意外に浅く、1989年にイタリアで始まった。これは当初“TELEPASS”と呼ばれて、アウトストラーダ(イタリアの高速道路)に導入されたのだ。目的はやり料金所の通過時間の短縮にあったらしい。
日本で初めて導入されたのは1997年に、小田原厚木道路で業務用車両を対象にして試験的に始められたことだった。
その後2001年に、全国の高速道路でのシステム的な使用が開始されたのだった。尚、これを高度交通省は推進している。
ちなみに2011年5月現在の利用率は87%だと言う統計がある。

ETCは車載機とカードで成立している。
ETCを搭載している車輛がETCレーンに近づくと、カード番号・出入料金所・通行料金などのデーターが交信されて、バーが開いて停止する必要がないままにゲートを通過できるというシステムになっているのだ。この為、あらかじめカードを車載機に承認させておく必要がある。
従って、カードを車載機に承認させていない場合や、何らかのトラブルがあった場合にはレーンのバーは開かず、通過できないことになるのだ。
このような場合を想定して、もしもの場合には確実に停止できる速度でレーンに進入しないと、バーが開かなかった場合には“事故”になることを念頭に置いておくべきだ。
また車載機には予め、搭載する車輛の情報を入力しておく必要がある。これをセットアップと言う。
車載器を譲渡したりされたりした場合には、情報を再度セットアップしておく必要がある。
セットアップが行ってあれば、どのETCカードを挿入していても通行は可能なのだ。
つまりカードで個々の請求を行い、車載機で通行を許可するというシステムになっているのだ。

ETCの機種は、アンテナ分離型と一体型がある。
カードを入れ忘れた場合には警告ブザーが鳴るタイプや、音声案内をしてくれるタイプもあって、トラブルを未然に防いでくれている事も有難いことだ。
カーナビと連動していて、利用履歴を簡単に見られるものがあることも嬉しいことだろう。
ETCには様々な機種があり、目的別に選択をすることが可能だ
自分専用の場合にはビルトインタイプがお勧めで、前述のようにカーナビと連動したものなどはITS(Intelligent Transport Systems )スポットサービスを利用できるものもあって、渋滞や事故情報の確認・対応にはかなり便利だと言える。

ETCを使用する時には、細心の注意が必要になる。
レーンを通過するときの安全速度である20Km/hをこえた場合にはバーが開かない。この時に急ブレーキをかけて追突をされても、刑事・民事・行政の責任は全て急ブレーキをかけた側にあるとされる。
また、これによってバーが破損した場合には、一本5~6万円の請求が来る事も忘れてはいけない。
レーンによっては料金所の収受員が横切る場合もあるので、しっかりと安全確認をしなくてはならない。この収受員との事故はそう多くはないのだが、死亡事故もあったため、現在は地下通路や横断橋の設置が進められている状況だ。
詰まり、それだけ危機感があると言うことになるわけだ。
一般的な料金所を使用する時よりも、安全に対する確認はETCの方が必要になると言うことだろう。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加