マフラーの仕組みと役割

マフラーを交換すると、一番面白く効果的に思えることが“音”の違いだろう。
一様に音量が上がり、音域もマフラーによって変わってくるから、じつに気分よくスロットルを踏みつけることになる。
こうして、深ぶかとスロットルを踏むと更に気分のよい音域に入ってくるから、踏むことを止められない気分になってくるのだ。
しかし、マフラーの本来の役割については、音を追求するものではないことは、誰でもが知っていることだ。
一般的には“消音”がマフラーの役割だと、結構多くの方が思っているだろう。

スポンサーリンク

ではマフラーとは消音器の部分だけを言うのであろうか、またその役割全般は何だろうか。
マフラーの役割とは、エンジンの排気全体をコントロールして、安定したサイクル運動を持続させることこそが最大の役割であって、消音がメインの役割ではないのだ。もっともマフラーには音を鈍くする等の意味もあるから、単語だけをみるとメインなのかも知れないが。
この排気をコントロールをする為には、非気の脈動を考えて背圧を発生させて、燃焼効果や出力特性を向上させることもしている。したがって、なかにはマフラーを外すとエンジンの始動が出来ない物もあると言われている。
エキゾーストマニホールドまでを含めて、マフラーと呼ぶ人もいるぐらいだし、消音器乃部分だけではなく、マフラー交換をする場合にはエキゾーストマニホールドまで、一緒に交換するキットもあることが、これを証明していると言える。

しかし一般的には、エキゾーストマニホールドを除いた、消音器の前後を指す場合がほとんだ。
社外品に交換しても、パワーやトルクが向上して、体感できるほどの効果がある場合もあるし、ない場合もあることは事実だ。
非純正品の場合、耐久性や消音効果よりも、マフラー自体の商品効果を求めているので、デザインや音質に拘ったものが多いと言われることが一般的だ。
したがって、車検に通らない物もあることには注意したい。
またよくある誤解なのだが、消音効果が低いものほど背圧が低くなり、パワーやトルクの向上に貢献すると言うことが挙げられる。実際には背圧の低下に伴い、吸気系等の調整がなければ思うようには行かないのだ。
そのため、マフラーを交換したために、純正品よりもパワーが落ちてしまうケースもよくあることだと言われている。
マフラーを交換すると、何となく音に聴き惚れて“速くなった”と思うことが多いようだが、汎用品で交換した場合の多くは“プラシーボ効果”だと思った方がよいと言う人もいるぐらいだし、早くなった要因のひとつは“いい音がする”から、思わず普段よりもスロットルを余計に踏み込んでいることもお忘れなく。
従って、マフラーを交換する時には、きちんとしたノウハウで製作された製品であることと、交換後の調整などを含めてのノウハウを持ったショップとの付き合いが、非常に大切になってくることは言うまでもない。

マフラーなどのコアなパーツを交換する時には、やはり車種別に製作された製品を選び、その車種に特化したとまでは言わないが、出来るだけ取扱数の多いショップに頼ることをお勧めしたい。
車種別と言うことは、同じエンジンでも車種によって排気ユニット全体の取りまわしが違っていたり、長さが違っていたりと言う条件があるために、背圧に対する影響が微妙に異なってくるため、車種ごとに製品が違う場合があるからだ。
車種別に製品化されていれば、このような問題については解決されていると考えても概ね、間違いがないからだ。
それと、やはり工作技術の優れたメーカーの製品が望ましい。
かなり高温になる部分なので、溶接などの処理がしっかりしていないと、長期使用時には酸化による溶接部の劣化が問題になることもあると思ってもよい。
こういった車のパーツは、ショップの人とスダンをして、予算の許す限り良いものを選択することをお勧めしたい。

スポンサーリンク


Gooが提供する車検取次サービス

車検の依頼・相談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加